テーマは「GAME」。茶目っ気満点な「ジラフ」の新作タイ

2017.04.20

rd1700_1703LIFE11_giraffe1-min

たまには、こんな遊び心あるタイを楽しみたい

ネクタイはどうしてもソリッド(無地)、レジメンタルストライプ柄、小紋柄といったあたりの定番デザインに終始しがち。だからこそ、ちょっとひねりを効かせた逸品をチョイスすれば、周囲との差別化を容易に図ることができます。

そこで推奨したいのが、独創的なアイテムを発信するネクタイ専門ブランド「ジラフ」の今季新作です。2017年の春夏は「GAME」をシーズンテーマとしており、すごろくやモグラ叩きを始め、ユニークなモチーフを取り入れたモデルを多数ラインナップ。Vゾーンに遊び心を描き出してくれるんです。

rd1700_1703LIFE11_giraffe2「ジラフ」のネクタイは34℃・36℃・38℃・40℃と体温別でデザインが分かれているのも特徴。温度が低いほどシックなイメージで、温度が上がるに連れて大胆さが増していきます。今季の「GAME」コレクションは、大半のアイテムが38℃以上に設定されていて、存在感抜群!

1703LIFE11_giraffe3デザイン先行ではなく、仕立ても一級品!

もちろん、ただユニークなデザインのタイというだけではありません。2006年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきたブランドだけに、仕立てそのものの良さも目を見張ります。

今季コレクションの「GAME」もそうですが、複雑な絵柄が多く採用されている「ジラフ」のタイ。それだけに、裁断、はぎ縫い、プレス、芯つけなど、どの工程においても極めて高度な技術力が必要に。そのニーズに熟達したクラフトマンが応えます。

1703LIFE11_giraffe4特に「ジラフ」のタイを製作する職人は裁断テクニックが随一! タイに強度を持たせるため生地に対して45度の角度でカットしていくのですが、実はコレ、正確に行うにはかなり高度な技術が必要とされます。

 

次ページ《今季のコレクション「GAME」から、ハイセンスなモデルをご紹介》

関連キーワード

Area