第二回 天然素材の体に優しいマットレス「ラークオール」

2015.11.19

 

春夏秋冬の温湿度差が激しい日本において、一年中快適な眠りをサポートしてくれる「IWATA」の極上寝具。日本人の眠りの質を向上させるべく、180年の経験と技術を凝縮させて生み出してきた、日本人のための究極の寝具です。

特集2回目となる今回は、IWATA独自の技術によって誕生したマットレス「ラークオール」と、IWATAの原点ともいえる最上級羽ぶとんを紹介します。

参考:第一回 日本人のための究極の快眠ベッド「ontoko」

 

IWATA独自の感性で生まれた新しいマットレス

rd850_1
ベッド需要が増える昨今、顧客からの冬の底冷えや夏の蒸し暑さ、寝返りによるスプリングの揺れなどの、ベッドの悩みを寄せられるようになったIWATA。これを解消しようと新たに開発したのが、スプリングを使用しない新しいマットレス、「ラークオール」です。

 

夏は蒸れにくく、冬は暖かい万能マットレス

ウレタンを使用した従来までのベッドは、夏に蒸れやすく、鋼線スプリングは冬の冷気を伝えやすいという難点がありました。「ラークオール」は日本のマットレスともいえる畳の積層構造からヒントを得て、カシミヤ、キャメル、ヤク、ホース、麻という高級天然毛と芯材のポリエステルを積み重ねて作られています。これらの天然素材は温度調節や放湿性に優れているため、夏は蒸れにくく、冬は暖かいという、日本の気候の変化に適したマットレスを実現しています。

 

rd500_2

寝返りによる振動、横揺れを解消

スプリングは使わず、天然毛を丁寧に積み重ねることによって、寝返りによる振動をカット。上層になるほど繊維の細かい高級天然毛を重ねているため、圧迫感のない極上の寝心地を実感できます。中心には、芯材として麻フェルトで包まれたポリエステルクッションを使用し、ウレタンを使った従来までのマットレスの放湿性の悪さを解消。振動や横揺れも解消され、安定した寝姿勢や寝返りのうちやすさも実現しました。

 

オーダーメイドで、好みの寝心地を実現

rd850_3
「ラークオール」は、認証を受けた専門家が一人ひとりにカウンセリングを行って仕上げていく、オーダーメイドマットレスです。天然毛の組み合わせによって暖かさや柔らかさが変化するため、好みの寝心地を手にいれることが可能。ベッドに合わせたサイズ注文やマットレス生地、飾りふさを選ぶこともでき、名前の印字も行っています。設計が決まったら、国内の自社工場において、素材や構造を熟知したマイスターが精魂込めて仕上げていきます。古くなったら仕立て直すこともできるため、長く愛用できるのです。

 

天然毛のマットレスで寛げるデイベッド

rd850_4
「ラークオール」と同様に、高級天然毛を積み重ねて作られたマットレスを使用したデイベッドも発売されています。日々の暮らしで気軽に息抜きできる、大人のためのパーソナルスペースをコンセプトに誕生しました。ラークオールより少し座面が固めに作られており、日中の昼寝で熟睡してしまわないように配慮されています。

 

水洗い可能な清潔度の高い羽毛ぶとん

1830年の創業以来、上質なふとんを作り続けてきたIWATA。鳥種、飼育環境、選別に徹底的にこだわった最上級ダウンの羽ぶとんは、長年培ってきた技術により優れた機能性を実現しています。イオン化特殊技術によって羽毛に付着している鳥の垢や皮膚を徹底除去しているため、水洗いによるカビや匂いの発生が起こらず清潔さをキープ。

また、ダウンを包むコットン100%の生地は、独自の技術で超高密度の織地を採用し、ダニやハウスダストの侵入を防止。羽毛吹き出しのための樹脂や糊も使用する必要がないため、日干しによる殺菌を可能にしました。加えて、瞬時に汗や水分を吸収して、温度33℃、湿度50%という理想の寝床内気候を保ちます。

rd850_5

 

IWATA
http://www.iozon.co.jp

■お問い合わせ
「寝具御誂専門店IWATA銀座店」
住所:東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビルディング3F
電話:03-3289-1678

「寝具御誂専門店IWATA京都店」
住所:京都府京都市中京区堺町通三条上ル
電話:075-241-2332

 

Text/Makiko Inoue

Photo/Kosuke Mori