ドレスにもハマる、京手描き友禅のクラッチバッグ「Kyo-Yuzen」

2017.04.25

1703LIFE14_KyoYuzen1

皇室の方々にも愛されている京友禅がファッションアイテムに

最高級の京手描き友禅ならではの質感と、その繊細な色彩の取り合わせにため息が出るRITOFUのクラッチバッグ「Kyo-Yuzen」。この柄には「瑞雲」という名があり、さまざまに変化する雲の形に吉凶を占っていた古代思想で幸運が訪れる良い兆しとされた雲をモチーフにしている吉祥文様です。

1703LIFE14_KyoYuzen2-min結婚式などのおめでたい席でまとう着物に縁起の良い柄を選ぶ日本の美意識がありますが、ドレスにこのクラッチバッグをコーディネートすれば、同じように祝福する気持ちを込めることができます。

実はこの瑞雲文様は、京都の染匠として知られる富宏染工の代表取締役、藤井寛さんの代表作。皇室の方々のご訪問着や、紀宮様(当時)が成年式でお召しになられた振袖でも話題になりました。

 

次ページ《手がけるのは、伝統の着物作りを統括してきた京友禅の老舗》

関連キーワード

Area