ライフスタイル

銀座の新しいランドマーク「GINZA SIX(ギンザ シックス)」が4月20日にオープン!

2017.04.18

銀座6丁目の交差点に新たなランドマークが誕生しました。ファッション、ジュエリー、ライフスタイル、ビューティ、食など、施設面積約47,000㎡に、世界最新のブランドをなんと241店舗も揃えた銀座エリア最大の商業施設です。

rd850_「GINZA SIX」外観画像_01
のれんをイメージしたファサードが特徴的なGINZA SIXの外観

1~5階にはファッションや服飾雑貨、ライフスタイル雑貨、カフェなどが多数揃いますが、なかでもプレミアムジャパンで注目しているがファッション&ライフスタイルフロアの4階。「漆器 山田平安堂」や日本茶やスイーツが楽しめる「中村藤吉本店」、鎚起銅器専門店の「玉泉堂」、着物の「OKANO」や「JOTARO SAITO」、奈良発の生活雑貨セレクトショップ「中川政七商店」など、日本文化をテーマにしたライフスタイルの店舗が充実しています。これらのショップは、これからプレミアムジャパンでも詳しくご紹介していきますので、お楽しみに。

■「漆器 山田平安堂」

rd850_IMG_4304 rd850_IMG_4296rd850_IMG_4307

■「中村藤吉本店」

rd850_IMG_4310 rd850_IMG_4312

■「玉泉堂」

rd850_IMG_4326 rd850_IMG_4324 rd850_IMG_4323

■「OKANO」

rd850_IMG_4309

加えて、地下3階に「観世能楽堂」、6階にアートと日本文化をテーマにした6万冊の書籍・雑誌が並ぶ「スターバックスコーヒー 銀座 蔦屋」、6階と13階にレストランとバンケット、2階に食品エリアが揃うなど、館内全体があらゆるジャンルの店舗で埋めつくされ、来る人を飽きさせない充実のラインナップが実現しています。

建物全体を使った巨大アート作品やインスタレーションを展示

rd850_内観_02

建物全体には、一流アーティストによる迫力たっぷりのアートが散りばめられています。巨大な中央の吹き抜け空間は、森美術館館長・南條史生氏の監修による現代アートの巨大な展示空間となり、オープニング時には草間彌生によるドット柄かぼちゃの巨大インスタレーションを展示。

rd500_GINZA SIX03 ※(C) KOZO TAKAYAMA

ほかにも、ウルトラテクノロジスト集団チームラボによる、高さ12mの24時間365日変化し続ける映像のウォールアートや、植物学者アーティスト、パトリック・ブランによる、日本に生息する固有種の植物を織り交ぜた作品などが展示され、歩いているだけでも楽しめる空間が広がっています。

伝統芸能の街、銀座に能楽の新たなる拠点が誕生!

rd850_IMG_1240
新しく完成した地下3階の能楽堂で観世流宗家26世当代観世清和氏と

そそして注目を集めているのが、新たな本境地としてGINZA SIXの地下3階に場所を構えることとなった「観世能楽堂」。もともと徳川家光公の時代から拝領されていた銀座一丁目の地に宗家の居を構えていた観世宗家ですが、大政奉還で土地を返還して以来、500年ぶりに銀座に戻ってきたのだといいます。

若い世代や海外からのお客様など、能楽鑑賞に新たな客層を取り入れることを目的とし、将来的には言葉を映し出すパネルボードも設置したいと語った当代。伝統芸能が息づく街、銀座の新たな芸術のスポットとして期待が集まっているのです。

rd850_「GINZA SIX」外観画像_05

いまや世界中から知られるようになった「世界のGINZA」。GINZA SIXは、そのアイコン的存在として、銀座の伝統と歴史を受け継ぎながら、新たな活気を生み出していくことでしょう。老若男女が楽しめる新時代のランドマークへ、ぜひ足を運んでみては。

■お問い合わせ
□ギンザ シックス(GINZA SIX)
住所:東京都銀座6-10
電話: 03-6891-3390 (受付時間 10:30 – 20:30)
営業時間:物販・サービス 10:30~20:30、飲食 11:00~23:30 
https://ginza6.tokyo/

KEY WORD

Area