日本茶のふるさと「お茶の京都」の魅力がつまったプレイリスト『Road Trip to Kyoto -茶-』

2017.10.18

main

4,000万曲以上の楽曲をオンデマンドで利用できるサービスを提供する音楽ストリーミングサービス Spotifyと、京都府がコラボレーションし、日本茶のふるさと・京都府南部を巡るのにぴったりなプレイリスト『Road Trip to Kyoto -茶-』が公開されました。

京都府では現在、「お茶の京都」と銘打ち、800年の歴史を持つお茶どころ、京都府南部の「お茶の京都」エリアの魅力を発信するプロモーションを展開しています。いよいよ今秋、「お茶の京都」を盛り上げるべく実施されている「お茶の京都博」がメインシーズンを迎え、主なイベントの一つである 『宇治茶博@文化~「宇治茶」まつり~』(10月21日(土)~22日(日)宇治市内にて開催) などの様々なイベントが実施されることに先駆けて、本プレイリストの配信が決定しました。

Spotifyの『Road Trip』シリーズのプレイリストは、テーマとなる街を訪れる際にぴったりな旅のサウンドトラックとして、世界のユーザーから支持されており、日本の都市ではこれまで『Road Trip To Tokyo』(東京)が人気を呼んでいました。この度東京に続き企画されたのは、国内有数の観光地であり、海外の観光客からも人気の高い「京都」をテーマにした『Road Trip to Kyoto –茶-』(京都)。

この 『Road Trip to Kyoto –茶-』は、そんな「お茶の京都」を体感できるスポットを巡りながら聴くのにぴったりなプレイリストで、全30曲の中には京都府のために世界的ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎氏が手掛けた 『組曲 もうひとつの京都 第1曲 茶かほる~「お茶の京都」のテーマ~』をはじめ、「石寺の茶畑」や「朝日焼」、「黄檗山萬福寺」などを巡りながら聴きたくなる、様々な楽曲がセレクトされています。

 

【「お茶の京都」エリア 見どころ (一部)&楽曲】

sub1
朝日焼工房/ショップ&ギャラリー(伝統工芸)(宇治市)
“喫茶aori”/シンリズム
和を感じる穏やかな空間に佇む朝日焼を眺めながら聴くのにぴったりな1曲。

sub2
石寺の茶畑(和束町)
“Sunset Song”/Hidetake Takayama
“The Piano”/Jazztronik
大自然に囲まれた石寺の茶畑の静けさの中で味わいたくなる楽曲。

黄檗山萬福寺(宇治市) 
“Butterfly Effect”/fox capture plan
“組曲『』with 葉加瀬太郎”/Pia-no-jaC
歴史感じる萬福寺での「禅」なひとときを感じながら聴きたくなる楽曲。

 

美しい秋景色を誇る京都を、旅のお供『Road Trip to Kyoto –茶-』を聴きながら巡ってみては。

 

Spotify: http://www.spotify.com

お茶の京都博: http://ochahaku.kyoto/