登別温泉 滝乃家:「プレミアム温泉」vol.26 石井宏子

2016.02.27

ishii026sub-01ishii026sub-02ishii026sub-03
総料理長とシェフがいる会席料理の挑戦

滝乃家の料理が楽しいのは、極上の食材に新しい提案があるから。毎回「やられた~」と唸る逸品に出会えるのです。この日のお造りは道内産の鮑、鮪、平目、牡丹海老、そこへなんと“泡のお醤油”。鮑に本わさびをちょこっとのせて、その上に、泡状のお醤油をのせてパクリ。新鮮な鮑の甘いコクがまず舌に広がり、それからわさびと質のいい醤油の旨みと混じり合う、これ、新しいです。そういえば、ジュレブームは早くも過ぎ去り、この頃めきめきとお料理を楽しませてくれている「エスプーマ」ですが、お造りのお醤油になって登場するとは斬新。もちろん正統派のお醤油もつきますので、食べ比べてみるのも一興です。メインは毛蟹か登別和牛か選べます。登別和牛のローストは七色のカラフル野菜と一緒に。旨みがたっぷり柔らかいけど食べごたえがしっかり。この日のデザートは大きな苺とクリームを忍ばせた手作りの最中アイス。アイスクリームは運ばれてから5分後に食べごろになるように計算して出されるのだとか。

次ページ《硫黄泉だけでも数種類。登別ならではの贅沢