天然記念物の洞窟「富岳風穴(ふがくふうけつ)」が美しくリニューアル

2016.03.25

rd850_00861
幻想的な天然の冷蔵庫を探検してみよう

世界文化遺産に登録された富士山の麓に広がる青木ヶ原樹海の中に、「富岳風穴(ふがくふうけつ)」という洞窟があるのをご存じですか。これは、富士山の側火山の噴火によってできた溶岩洞窟で、国の天然記念物に指定されているものでもあります。

1000mという標高と、天井から染み出る富士山の地下水により、真夏でも洞窟内は0~3℃という気温を保っています。15分ほどで1周できる洞窟内には、「氷柱」や「氷の池」のほか、かつて繭や樹木の種子を貯蔵していた「貯蔵庫」、光り苔と呼ばれる「珪酸華(けいさんか)の群生地」、溶岩が固まる際にできた珍しい「溶岩棚」や「縄状溶岩」など、見どころがたくさんあります。

 

次ページ《今年2月にリニューアルオープン