初夏のインテリアにも最適「枯れ盆栽×ガラスの器」

2016.05.07

rd850_topic_pj_ec_bonsai0504_01

盆栽は枯れてしまっても、経てきた月日の風格や、枝ぶりや幹肌など、その本質はそのままに愉しむことができる。そんな発見から生まれた枯れ盆栽=DRY-BONSAIは、PREMIUM JAPANのオンラインショッピングがオープンして以来、大好評をいただいている人気商品です。そして前回は、盆栽ではなく庭木などをドライにした「ドライプランツ」という新シリーズも登場。3回目となる今回は、それらをガラスの器に合わせたものをセレクトしました。

 


津軽びいどろ×紅花トキワマンサク

17_P2O0235

紅の花と黒の器のアレンジが美しい

美しい紅色の花を咲かせることで人気の高い紅花トキワマンサクをドライプランツにしたもの。枯らしてドライにしたため花がなく、それをオマージュしてエアプランツの紅い花をアレンジしました。合わせた器は津軽びいどろのフリルコンポート。津軽びいどろは津軽半島の西側に広がる七里長浜の砂から作られる、津軽の伝統の硝子工芸。紀元前一世紀頃から伝わる技法を受け継ぐすべてが一点もの手作り品で、その輝く黒と紅い花の対比が美しいです。

17d_P2O0246

生き生きとした表情が魅力

背筋を伸ばしたように真っ直ぐに立ち上がった樹形が清楚な雰囲気。そこから四方に広がった枝ぶりも優美です。赤茶っぽい木肌が温かみがあり、生き生きとした表情であるのも魅力。自分でエアプランツをアレンジする場合は、これぐらいの、やや大きめがおすすめです。

DBシリーズ 津軽びいどろ フリルコンポート BK 15600円(税込)

btn03-2

 


スガハラガラス「わん ボウルM」×香丁木(コウチョウギ)

19_P2O0207

人気の盆栽と珠玉のガラス器のハーモニー

香丁木(コウチョウギ)は枝の密度が細かく、枝一面に可憐な花が咲くのが人気の盆栽。枝を切るとほのかに芳香がするのが、その名の由来です。その香丁木を枯らしドライにした枯れ盆栽に、スガハラの器を合わせた作。スガハラは「ガラスは生きている」「ガラスと対話する」を哲学とするガラス器の名門。灼熱の液体となったガラスは最高の美となる瞬間があり、スガハラの熟達の職人はその一瞬を逃さずかたちにする。これもそんな匠の技で作られた珠玉の器なのです。

19d_P2O0260

香丁木ならではの魅力が凝縮している

香丁木(コウチョウギ)ならではの細かく密集して伸びた枝の、その枝数の多さが見どころ。また、枝の先端に葉が多く残っているところが、この香丁木が多くの花を咲かせていたことを想わせるのも美点。底に敷き詰めたカラフルなビー玉も、よいアクセントになっています。

DBシリーズ スガハラガラス わん ボウルM 18000円(税込)

btn03-2

 


スガハラガラス「キルシー」×プロカンベンスナナオーレア

20_P2O0214

懸崖を想わす樹形が独特の美しさ

これはプロカンベンスナナオーレアという、グランドカバー向けの庭木をドライプランツにしたもの。匍匐性で放射状に這い広がる特性があり、このように横に曲がって伸びるのが特徴です。そしてこの木は横に伸びた枝が盆栽の「懸崖」(けんがい)のようになっているのが見どころ。懸崖とは木の先端が下を向いた姿のことで、断崖絶壁にしがみついた木を模したもの。そんな風雅さとモダンなガラス器の組み合わせが、他にない独特の美しさであるのが魅力の作です。

20d_P2O0251

残った葉や赤い幹、緑の枝先が、深い味わい

プロカンベンスナナオーレアは檜(ひのき)科の短く太い針葉が特徴の木。緻密に葉があり、それもグランドカバー向けとされる大きな特徴です。そのためドライプランツにしても、このように枝一面に葉が残るのが、ならではの味わい。赤い幹と緑の枝先のコントラストも魅力です。

DBシリーズ スガハラガラス キルシー フラワーベース 28000円(税込)

btn03-2

 


ここでしか買えない限定アイテムが続々。
新しいメイドインジャパンをセレクトしました。

1200_top_pj_ec_banner_02

 

 

【枯れ盆栽第1弾も是非ご覧ください】

特集vol.1:メンテフリーの和モダンインテリア「枯れ盆栽」
特集vol.2:外国の方への贈り物にも最適な「枯れ盆栽」とは
特集vol.3:圧倒的な存在感を放つ「枯れ盆栽」の魅力

Area