BLUE多摩川ラン

2016.05.19

《公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会・上村哲也さんのラン旅ブログ》vol.17

rd850_-nichi

都内を気持ちよく長距離走ろうとすると川の存在は欠かせません。東海道を走るときも幾つもの川を越え、川の右岸、左岸で変わる生活、文化、都道府県市町村を魅力的に感じていました。

東京にも目黒川、神田川、隅田川等幾つもの走りやすい川があります。そして私が一番利用しているのは多摩川。42キロ以上走って出社する際には距離を計算、調整するのに欠かせない川です。

多摩川は奥多摩方面から川崎方面まで幅広くカバーしています。渡りたいところにほぼ橋が架かっています。コースもサイクリング用に完全舗装されている所、膝にやさしい土道、トレイルランニング練習に効く砂利道と使い分けることができます。堤防からBBQ、少年野球、ゴルフ等を走りながら観察でき楽しさのお裾分けをいただけます。上手に使えば都内から多摩川をぐるりと回ってまた都内へ戻る30キロコース、フルマラソンの42キロ、ウルトラの50キロコースを比較的簡単に作ることができます。

次ページへ