北海道ニセコ花園温泉 坐忘林:「プレミアム温泉」vol.4 石井宏子

2015.09.28

主の想いが感じられる宿は魅力的です。南北に長く多彩な気候風土をもつ日本には個性あふれる地域の文化があります。スタイルは様々あれど、その土地を楽しむための仕掛けが詰まった新しいスタイルの宿を探していきます。

 

全てを忘れて大自然の温泉に身をまかせ

  メイン
夕暮れと雲海と白樺と湯の温もり

ここにしかない。ここでしかできない体験を求めて人は旅にでます。絶景、温泉、美食、美空間。もしかしたら、一番大切なのは目に見えるものではなく、そこに流れている時間なのかもしれないと気付かされる宿があります。日本には日本の旅の過ごし方がある。忘我の時間を満喫できる場所が北海道の森の中に誕生しました。
刻々と変化する空の色と雲の形。風景が絵画の一枚一枚のように現れては消えていきます。四季の移ろい、時の流れ、草原の風、温泉の香り、湯の流れる音、「坐忘林」では、それら全てが日常を忘れるために用意されたおもてなしの小道具なのです。

サブー1 サブー3 
サブー4  サブー2

上質でモダンな日本の美意識

羊蹄山を望む1.5万坪の敷地。「この土地を手に入れた時には、歩み入ることが出来ないほどの笹に覆われた林でした。高い木の上に登って広がる景色を眺めた時、きっとここに素晴らしい宿が作れると確信しました」坐忘林のクリエイティブディレクター・ショーヤ・グリッグさんは20以上年前から北海道在住。自らユンボを操って草を刈り木を切って自宅を建て、その隣に宿づくりをスタート。原点は日本の伝統。それをフォトグラファー・グラフィックデザイナーでもある彼の感性で現代風にアレンジしています。

その匙加減が絶妙。遮るものがない絶景の露天風呂は自然を肌で感じることができるし、低く切り取られた窓の部屋はお茶室のような安堵感に包まれて過ごすことができます。パブリックも贅沢。暖炉のあるロビー、手に取りたい本が並ぶライブラリー、羊蹄山が目の前にそびえる一枚板のバーカウンター、椅子に腰かけていただける茶室、全てが15室だけのゲストのための空間です。デザインだけでなく床暖房や融雪は温泉、夏の冷房は湧水と自然環境豊かなニセコならではのエコ設備は優しい寛ぎをもたらします。

温泉は敷地内に湧く自家源泉を100%かけ流し。泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、美肌をサポートするメタけい酸も豊富でとろりとした感触。鉄分も含む新鮮なお湯は個性的な硫黄の香りで黒い湯の花が舞う薄緑色。温泉の宝庫ニセコの実力を存分に味わえる温泉です。部屋には専用の内湯と露天風呂、檜の湯船だったり大きな岩をくりぬいたワイルドなデザインだったり。どこにいても居心地が良く木も石も温泉も全部自然の一部なのだとしみじみ実感します。
 

サブー5 サブー6

北海道の大地と対話できる料理

キタカイセキと名付けられた食事は、日本伝統の手法で丁寧に作られた“新しい郷土料理”。「心を癒しにくる旅だからこそ、料理はしみじみ美味しいと感じるものを」と瀬野料理長自ら作り手を訪ね、ごく自然にその季節に採れるものを使います。北海道を感じる料理のベースは利尻昆布など3種類の昆布、天然調味料だけを使い、味わいの余韻が楽しめる美しいお料理です。
海・山・川の幸取り合わせは、香高い射込みごぼうに日本伝統の野菜味噌、丸ごといただける山女魚揚げ、厚切り蝦夷鮑の酒蒸し、大沼の沼海老など、地酒が進む一皿。お造りの釧路の秋刀魚、岩内の平目、毛ガニの刺身、北寄貝などをいただく薬味はホースラディッシュ。北海道では「山ワサビ」と呼ばれ、すりおろしたての爽やかな辛味と香りが、きりりとした北海道の魚にとてもよくあいます。

 

ニセコ花園温泉 坐忘林
http://zaborin.com/

 

取材・文/石井宏子

【石井宏子の〈プレミアム温泉〉】一覧記事はこちら
http://www.premium-j.jp/hiroko-ishii/

【石井宏子の〈ここにしかない日本〉】一覧記事はこちら
http://www.premium-j.jp/hiroko-ishii_reports/

 

石井PP3《プロフィール》

石井宏子 

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト

温泉の美容力を研究する日本でただひとりの温泉ビューティ研究家。生涯旅人の人生をスタートして年200日ほど日本・世界を旅する。雑誌やサイトなど多数の 連載コラムを執筆、テレビ・ラジオにも出演。温泉地の自然環境にも着目し、ドイツにて「気候療法士」資格を取得。温泉、水、自然環境、食事など旅を通じて、心も体もきれいになる新しい旅“ビューティツーリズム”を提唱。外資系化粧品会社、海外ブランドのマーケティング・広報の経験を生かし、温泉地のブランディングや企画もサポート。プレミアムジャパン“PREMIUM JAPAN”のトラベル・キュレーターに着任。日本温泉気候物理医学会会員、日本温泉科学会会 員、日本旅のペンクラブ会員、公式サイトhttp://www.onsenbeauty.com

 

 

 

《関連記事はこちら》

この夏は避暑地へ!極上の「涼感ステイ」を叶える宿 5選

Area