ニュース

有田焼 創業400年記念!有田焼を”USE=使う”体験型施設『USEUM ARITA』が期間限定オープン!

2016.06.16

 

rd850_sub6
有田焼を「体験する」企画展が開催

日本初の磁器である有田焼が誕生してから400年。プレアムジャパンでもこれまで数多くの有田焼に関する情報を発信してまいりました。

今年は記念すべき節目の年ということもあり、現在、有田焼創業の地・佐賀県では様々な取り組みが行われています。例えばこの7月からは、有田町の九州陶磁文化館を拠点として記念イヤー事業が展開されることとなっています。

注目の展開内容はというと、

(1)有田焼のこれまでと現在、そしてつぎの100年へ向けた第一歩を体感できる『特別企画展』

(2)そして有田焼を目で見て楽しむ「MUSEUM」の要素+実際に有田焼を「USE=使う」ことができる仮設の体験型施設『USEUM ARITA』

の2つの企画が開催されるそうです。

rd850_main

rd850_sub2

(画像はイメージです)

『特別企画展』は2016年7月から2017年1月まで4つの企画が開催される予定で、その第1弾として「メゾン・エ・オブジェ(ARITA 400 project)帰国展」が7月1日から7月18日まで開催されます。

こちらの企画展ではフランス・パリで年に2回開催される世界最大級のインテリア&デザイン国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」に出展された有田焼の作品を中心に「ARITA 400 project」が紹介されます。

クリエーターとのコラボ作品やグラフィックパネルの展示なども予定されているこちらの企画展は有田焼400年の歴史、そしてこれからの有田焼について、有田焼の魅力を存分に感じられる内容です。

rd850_sub5
人間国宝や三右衛門の器で楽しむ、至高のメニュー。

「メゾン・エ・オブジェ(ARITA 400 project)帰国展」以降も有田焼の歩みや普段見ることのできない作品に出会える企画展が続々と開催される予定とのこと。期待が高まります。

また、九州陶磁文化館のアプローチデッキに期間限定で設置される体験型施設『USEUM ARITA』では、2016年8月11日(木)~11月27日(日)の期間限定で、人間国宝や三右衛門の器、そして有田焼創業400年事業の開発商品など、なんともプレミアムな器で佐賀の食材にこだわったメニューを愉しむことができます。 

佐賀県では有田焼発展の礎となった400年の歴史を「EPISODE 1」と位置づけて区切りをつけ、新しい有田の物語を綴るプロジェクト「ARITA EPISODE 2」に取り組んでいます。

創業400年を迎えた有田焼。401年目、402年目……。大きな第一歩を踏み出す有田焼からますます目が離せません。

rd850_sub10

rd400_sub15

http://arita-episode2.jp/
 

Area