テーブルの主役が勢ぞろい オンラインショップで人気の食器を厳選

2016.06.30

_MG_7186

今回は、プレミアム ジャパンオンラインで販売している食器から、とくに売れ筋の3ブランドをご紹介します。人気の秘訣は、日本に伝わる伝統的な技術で作り上げた和食器の美しさに加え、幅広いテーブルコーディネートで違和感なく使えるモダンさを持ち合わせているから。和食器の老舗が生み出した個性的で美しいアイテムたちによる、新しいテーブルコーディネート提案をご覧ください。

 _MG_7169

「喜泉 kisen」

 国籍を問わず、幅広いテーブルコーディネートに馴染むぐい呑み

 400年以上の歴史を持つ鋳物(いもの)工芸の町、高岡。ここで受け継がれてきた喜泉の新ブランド「kisen」のGuinomi Sake Cupは、世界中でお洒落に日本酒を楽しんでもらいたいという思いがこめられた逸品。カップには木、ベース部に真鍮と異素材を組み合わせ、これまでにないスタイリッシュでユニークな雰囲気を実現しています。真鍮部は、緑青(青銅)や荒らしなど昔から伝わる伝統技法を現代の感覚にアレンジして使用。和テイストはもちろん、国籍を問わない幅広いテーブルコーディネートに馴染むデザインになっています。

 喜泉 kisen の商品はこちらから>>

 


 

_MG_7173

「Sghr スガハラ」

ガラスの美しさを最大限に引き出した華やかな食器たち

 3枚を重ねて1セットにすると、まるで菊の花のように華やかな姿になる、スガハラの「キッカシリーズ」。和の花である菊をイメージした繊細で柔らかい雰囲気の色味や形は、洋風のモダンなテーブルリネンやカトラリーにも相性抜群です。テーブルの雰囲気をぐっと引き締めるのは、独特の質感に仕上げられた一枚でも存在感たっぷりの漆黒の丸皿。美しい気泡がガラスの中にはいった「アワグラス」や、手作業でひねり上げたステムが個性的な「エリカシャンパン」も、置いておくだけで存在感たっぷり。どれもガラスの美しさを最大限に引き出したスガハラならではの逸品です。

 Sghr スガハラ の商品はこちらから>>

 


 

_MG_7182

「能作」

 独特の存在感を放つテーブルの上の主役

 こちらも鋳物の街、高岡で知られる能作の逸品。錫(すず)のやわらかい特性を生かした、曲がる「KAGO」シリーズです。「金属は固い」という常識を覆す斬新な逸品で、1枚の板状になった網目の金属を簡単にカゴの形にできるというもの。そのシルエットや造形は、コーディネートのテイストを選ばない独特の存在感を放っています。フルーツバスケットや菓子器にはもちろん、入れるものによって雰囲気が変化するのも楽しいポイント。錫に金箔をあしらった片口は、華やかでありながら錫のやさしい質感を感じられ、日本酒はもちろん、ワインやドレッシング入れにも。どちらも幅広いコーディネートで楽しめます。

 能作の商品はこちらから>> 


 

ここでしか買えない限定アイテムが続々。
新しいメイドインジャパンをセレクトしました。

PREMIUM JAPAN ONLINE SHOP OPEN!

Area