ニュース

3人のスーパースターが描いた「風神雷神図屏風」が一堂に会す

2015.10.09

3人のスーパースター、その名も「琳派」

 “琳派”とは、美術史上に名を残す俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一という3人の画人を総称した流派名。しかし、彼らに師弟関係はありませんでした。それどころか生きた時代も異なり、互いに出会うこともなかったのです。ではなぜ、一つの流派として称されるようになったのでしょうか。

日本美術史の最高傑作「風神雷神図屏風」3件を一挙公開

「国宝 風神雷神図屏風」俵屋宗達筆/京都・建仁寺/全期間展示

「国宝 風神雷神図屏風」俵屋宗達筆/京都・建仁寺/全期間展示

日本人であれば、誰もが知っている「風神雷神図屏風」。屏風の中で無限に広がる金地に、風神と雷神が描かれた作品です。この屏風、じつは同じものが3点現存しているのをご存知ですか?最初に描かれたのは、1500年代末から1600年代にかけて生きた宗達による「風神雷神図屏風」(写真上、国宝)。そして100年後、宗達に憧れを抱いた光琳がこれを模写。さらに100年後には、抱一がこれらを模写したことで、継承の流れが誕生していったのです。

 写すという行為によって、過去に生きた先達の技を受け継いでいった3人。ですが当時から“琳派”という呼び名があったわけではありません。光琳の一文字をとって、のちの美術界が名付けた名称なのです。一見同じように見える3作品は、それぞれの画人の個性を秘めた傑作。この度の琳派展では、この3つの「風神図雷神図屏風」が一堂に会します。そして同時に展示されるのは、10月27日から11月8日の約2週間だけ。この貴重な機会、見逃すべからず!

次ページ《宗達、光琳、抱一の代表作も多数展示》

Area