ニュース

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが今年も開催

2015.10.11

ASO_P.Perreve

ASO_P.Perreve

 

国内外のトップ選手が多数参戦

「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」は世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント。2013年にツール・ド・フランスの100回開催を記念して埼玉県のさいたま市で開かれたのが始まりで、今年で3回目となります。

 最大の見所は、ツール・ド・フランスで活躍したトップレーサーを始め、国内外の有力選手とチームが多数参加すること。今年もすでに、2度目の総合優勝を果たしたクリス・フルーム選手の出場(3年連続3回目)が決定。ヨーロッパの名門チームに所属する新城幸也選手と別府史之選手の出場も決定するなど、例年どおりの素晴らしい顔ぶれが期待できます。

 

ロゴマーク

 

Saitama_City_yuzuru.sunada

Saitama_City_yuzuru.sunada

 

駆け抜ける選手を間近で見ることができる

「クリテリウム」とは距離の短い周回コースを何周も回るレースのこと。高速で走る選手を間近で、しかも何度も見ることができるのが、ならではの魅力です。

「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」は、さいたま新都心の公道を規制して、高層ビル群を駆け抜ける1周が約3.1kmのコース。2014年からコースの一部に「さいたまスーパーアリーナ」の施設内を使用しており、屋内を走行するコースは世界でも類を見ない珍しいもの。「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の大きな特徴になっています。

 今年は、昨年までのポイントレースとクリテリウムメインレースのほかに、新たに個人タイムトライアルレースも実施。個人タイムトライアルレースには女子選手やパラサイクリング(障害者自転車競技)選手も参戦し、これまで以上に見応えがあるイベントとなるでしょう。

 会場は、さいたま新都心駅周辺。日時は、10月24日(土)10:00~17:00。J SPORTS+J:COM、テレビ東京系列(6局ネット)でのテレビ放送もあります。

 

 

■公式ホームページ

http://saitama-criterium.jp

 

 

Area