国内初、樫樽貯蔵のジンが発売。「クラフトジン岡山」9月下旬より先行販売

2016.09.25

rd850_img_110829_1

自社製の米焼酎をベースに香味植物を独自に配合

秋の夜長には、自宅で美味しいおつまみを作ってのんびり晩酌というのはいかがでしょうか。今回は、秋にぴったりな爽やかな香りと新しい味わいのジンをご紹介します。樫樽貯蔵のジンという国内初の試みの商品、「クラフトジン岡山」です。

rd850_img_110829_2

米焼酎をベースにジュニパーベリー、コリアンダー等の十数種類のボタニカル(香味植物)を独自に配合し、銅製ポット・スチルで蒸留した後、焼酎を貯蔵した樫樽にフィニッシュ。非常に珍しい製法の、ユニークなジンになっています。

rd850_img_110829_3

今回、「クラフトジン岡山」を発売する宮下酒造は、昨年2015年に創醸100周年を迎えた老舗酒造。1995年に地ビール「独歩」を発売し、2011年にはウイスキーの製造開始。ドイツ製のウイスキー単式蒸溜器であるポット・スチルを導入し、岡山蒸溜所として本格的に稼働を開始しました。「クラフトジン岡山」は、岡山蒸溜所本格稼働後第一弾の商品となっています。

10月下旬の一般発売に先立ち、9月28日(水)より高島屋全店(タカシマヤフードメゾン新横浜店除く)で先行販売を開始します。キンキンに冷やしてストレートまたはロックで飲むも良し、お好みでお好きな飲み物で割っても良し。秋の夜のお伴にぜひお試しください。

 

■お問い合わせ
「クラフトジン岡山」
宮下酒造株式会社
本社所在地:〒703-8258 岡山県岡山市中区西川原184
URL:http://www.msb.co.jp/ptag/craftgin/

 

《関連記事はこちら》

世界各国のVIPをも唸らせる、氷温長期熟成の純米大吟醸をメインとした実力派蔵元:「気になる日本酒」vol.40 あおい有紀

お酒をまろやかにするラジウム系鉱石入り伊賀焼「iボトル フィット」

Area