「日本の逸品」とクリエイターたちがコラボレーション。「Creema(クリーマ)」の「全国いいもの発見プロジェクト –地域の逸品×作り手– 」

2016.10.09

rd850_sub2 

「全国の逸品」をクリエイターたちの手で新しい作品へ

秋は感受性が1年で最も高まる季節。アートや雑貨やファッションなど、可愛らしい物、美しいと思う物との出会いも広げていきたいところです。今回は、市販されているものだけでなく、日本全国のクリエイター達が作った作品に出会える、日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」をご紹介します。

「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで大規模な新しい経済圏を作る」というビジョンのもと、現在全国7万人の作り手と300万点を超える作品を紹介する「Creema(クリーマ)」。一目見ただけで、「素敵!」とため息をついてしまう作品たちが沢山のサイトです。

rd850_sub1

ところで、日本にはその土地ごとに「逸品」と称される素材や工芸品があり、各地では優れた技術を持つクリエイターたちが活躍しているにも関わらず、魅力的な日本の素材や技術が一般的に知られていないという現状があります。

そこで、全国の作り手から「日本の逸品」を使った作品を募集し、さらに「Creema(クリーマ)」にて紹介、販売して「ものづくり」による地域の活性化を目指す「全国いいもの発見プロジェクト  –地域の逸品×作り手– 」が2016年9月28日(水)よりスタートしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プロジェクト第一弾となる今回は、長野県岡谷市の「岡谷シルク」を用いて新しい作品を生み出すクリエイターを募集中。もちろん、素材の「岡谷シルク」はプロジェクトに参加するクリエイターに提供されます。

さらに「Creema(クリーマ)」日本語版・中国語版サイト上での販売だけでなく、岡谷市やゆかりの地域での展示会イベントなども開催予定です。

rd850_sub5

日本一の品質と謳われる素材を使ってどのような作品が生み出されるのか、またこれをきっかけに「岡谷シルク」がどんどん知られ、地域活性に繋がっていくと思うと、とても楽しみですね。

その土地ならではの魅力ある「いいもの」を、作り手の作品を通して紹介することで、地域の活性化を目指す。「Creema(クリーマ)」の「全国いいもの発見プロジェクト  –地域の逸品×作り手– 」の今後の展開に要注目です。

 

■お問い合わせ
「全国いいもの発見プロジェクト  –地域の逸品×作り手– 」
TEL: 03-6447-0105  
FAX: 03-6447-0057
https://www.creema.jp/

 

《関連記事はこちら》

女子高生発信&唯一の専門メーカーが作る古都・京都の色「京色パステル」

世界が認めた熟練職人のハンドメイド「NAGATANI」のバッグ