ニュース

和の結婚式には伝統的な七宝の技法の指輪を。「TOMOE 七宝ブライダルリング」が新発売

2016.10.20

rd850_main

和装にも似合う「TOMOE 七宝ブライダルリング」

気候も良く、自然も美しく、祝日も多く、おまけに食べ物も美味しい10月は、結婚式の人気シーズンです。花嫁衣裳といえばウェディングドレスを思い浮かべる方が多いと思いますが、白無垢や色打掛といった和装でのお式も素敵ですね。

今回は、日本の四季折々の彩りをテーマに伝統的な七宝の技法を用いたブライダルリング「TOMOE」をご紹介します。和装にもぴったり合う、七宝の技法を用いたリングです。

rd850_sub3

七宝焼とは金属工芸の一種で伝統工芸技法のひとつ。ガラスの成分の中に様々な金属を着色剤として用いて摂氏800度前後の高温の窯で金属に焼き付けます。色は炉の中の温度の環境設定や、七宝を張る面積など様々な条件に影響を受けるため、長年の経験と感覚がとても大切になってきます。

七宝の技法だけでなく、ベースとなるジュエリー部分の貴金属加工の高度な加工ができる作家は数少なく、制作できる作家も日本に数人しかいないと言われています。

rd850_sub1

リングのカラーの意味は、色によって様々です。例えば、月白は純真、桜色は愛情と献身、金色は独創性、漆黒は安らぎ、藍色は誠実、紅色は情熱、常盤色は調和など。どのようなカラーを選ぶか、おふたりがこれからの人生への決意や結婚への願いを込めて、話し合って決めるのも素敵ですね。

職人とデザイナーが一丸となって丁寧につくられた、七宝のブライダルリング。様々な伝統色でおふたりの幸せに彩りを添える、一生物の指輪を選んでくださいね。

 

■「TOMOE 七宝ブライダルリングコレクション」
BIJOUPIKO公式HP 
http://bijoupiko.com/
TOMOE 七宝ブライダルリング 
http://bijoupiko.com/brandlist/tomoe-shippo/

 

《関連記事はこちら》

縁結びで有名なパワースポット「東京大神宮」に灯りをともす、「Wish upon a star」のモニュメント

「5108」コトバを身にまとうメッセージアクセサリー

Area