ニュース

「宮崎県日南市 塚田農場」「じとっこ組合」でしか飲めない超限定の焼酎「ムラサキの潤平」が販売開始!

2016.10.26

rd850_main 
和食がますます美味しい季節、秋の味覚にぴったりなお酒といえば焼酎。旬のおつまみと一緒に飲める美味しい焼酎をお探しの方に、超レアな焼酎をご紹介。今年で3年目の生産になる宮崎の焼酎「ムラサキの潤平」です。

この「ムラサキの潤平」は今回2000本限定製造、さらに「宮崎県日南市 塚田農場」と、塚田農場のライセンスブランド「じとっこ組合」でのみ飲めるという、とても希少な焼酎です。炭酸で割って、泡がはじけた時に薫る紫芋の薫りとすっきりとした喉越し。強めの炭酸で割ることを前提に、醸造の過程での水の分量を調整し濃密な味わいに仕上げました。

rd850_sub4

焼酎はその時収穫された原料を使って造る「一期一会」の物と考え、多くの蔵元が製麹機で麹を造るなか、小玉醸造は手麹にこだわり製造しています。酒造りの最高責任者である杜氏の金丸潤平氏は「芋の状態は毎年違うのが当たり前。ちょっとした違いも手で触り続けているから気づくことが多いんです」と語ります。

紫芋に含まれる赤色の色素の元となるアントシアニンは、赤ワインと成分を同じくし、ワインが好きな方にもおすすめの「ムラサキの潤平」。美味しい秋の味覚と一緒に、このレアな焼酎をぜひ味わってみてください。

 

■「ムラサキの潤平」
原材料/甘藷(ムラサキマサリ)、米麹(国産米)、アルコール分/25度
塚田農場:http://www.tsukadanojo.jp/
小玉醸造:http://www.kodamadistillery.co.jp/

 

《関連記事はこちら》

「杜氏潤平」:「気になる日本酒」番外焼酎編 vol.36 あおい有紀

「芋麹焼酎 吉助〈赤〉」:「気になる日本酒」番外焼酎編 vol.37 あおい有紀

Area