ニュース

『君の名は。』の魅力を紐解く展覧会が、新海誠監督誕生の地で開催

2016.10.27

rd500_top800

公開52日で動員1200万人、興行収入は150億円を突破! もはや社会現象となった大ヒット映画『君の名は。』、あなたはご覧になったでしょうか。美しく壮大な世界ですれ違う男女の切ない物語は、観る人を選ばず、日本中を感動の渦に巻き込んでいます。観た後にその感動を誰かと話したくなるこの映画ですが、作品の魅力をより深く味わうことができる展覧会が開催中です。

新海監督が生まれたのは、長野県小海町。その新たな聖地とも言える町に建つ小海町高原美術館で開かれているのが「新海誠監督作品『君の名は。』展」です。

展示内容は『君の名は。』の企画書や監督自身の手による絵コンテ、設定資料、また主人公・三葉が住む糸守町の全景を描いたイメージボードなどのほか、映画の主題歌を担当したRADWIMPS(ラッドウインプス)の音楽についての紹介も。

普段は見ることのできない貴重な資料が多数展示されていて、監督が映画に込めた想いや、場所設定の秘密、制作過程の苦労などに触れることで、映画の魅力をより深く味わえること間違いなしです。
また、高原美術館の周辺は映画で描かれている自然や原風景を感じられる貴重な場所でもあります。ぜひ、監督にインスピレーションを与えた土地の魅力も体感してください。

 

■新海誠監督作品「君の名は。」展
小海町高原美術館
住所:長野県佐久市小海町5918-2
http://www.koumi-town.jp/museum/index.htm
期日:10月23日~12月25日
休館日:火曜日
開館時間:9時~17時(最終入館16:30)
入館料:高校生以上 500円/小中学生 150円(20名様以上の団体割引有)
お問い合わせ:TEL.0267-93-2133 FAX.0267-91-3011
主催:小海町高原美術館、信濃毎日新聞社、朝日新聞社
協力:コミックス・ウェーブ・フィルム、東宝

 

《関連記事はこちら》

飛騨をもっと好きになる観光体験

Area