ニュース

女性杜氏の酒×伝統食材が彩る和ブッフェでいつもと違うお酒の楽しみを。「昼酒おちょこ会」ホテル・アゴーラ大阪守口で開催

2016.11.11

rd850_hiruzake1

銘酒と和ブッフェを心ゆくまで

ドイツのメルケル首相にイギリス・メイ首相、日本でも小池都知事と、次々と女性のリーダーが誕生し、その手腕が注目される時代、かつては女人禁制とされた酒造りの世界にも、最近では女性杜氏が活躍する酒蔵が現れるようになりました。

女性ならではの感性が活かされた日本酒は、スパークリングなど新感覚のものなどもあり、日本酒になじみが薄い人たちにも飲みやすい商品がつくられています。

そのひとり、「羅生門」など数々の銘酒で知られる和歌山県の蔵元、田端酒造初の女性杜氏としてひたむきに酒造りと向き合い、研究を重ね、ヒット商品を生み出してきた七代目杜氏・長谷川聡子氏を迎え、彼女が醸した「さとこのお酒」をはじめとする日本酒約25種とともに、麹や粕など日本の伝統食材を使った料理やスイーツを味わえるイベント「昼酒おちょこ会」が、11月13日(日)にホテル・アゴーラ大阪守口にて開催されます。

rd500_hiruzake2

長谷川氏自ら地元・和歌山県産の原材料にこだわり、「和歌山県産米」「紀ノ川の伏流水」「和歌山酵母」を使ってつくられた「さとこのお酒」は、上品な味わいで、マスコミにも取り上げられるほどの大評判となった一品。

ほかにも、日本各地から取り寄せた純米大吟醸、スパークリングなど銘酒約25種が揃い、シェフが提案するおつまみとパティシエによるスイーツがブッフェ形式で提供され、好きなだけ堪能できます。

rd850_hiruzake4日本の伝統食材を洋スタイルにアレンジ

麹や酒粕など、お酒にまつわる食材や発酵食品などを取り入れたアテやスイーツが並ぶ「和モダンブッフェ」は、いろいろな味が楽しめるピンチョスや香ばしい豚肉の粕漬け、握り寿司、お米のプリン、日本酒のガトーショコラなど盛りだくさん。

当日は、長谷川氏によるトークショーも行われ、酒造りやお酒と美の関係など女性杜氏ならではのエピソードも聞けます。

会場内には、さらに特別な銘柄を飲み比べできる「ちょこっと利き酒バル」ブースもあり、佐賀の幻の酒と言われる「鍋島 ハーベストムーン」や「獺祭」など10種の日本酒を、チケット制で1杯から購入することもできます。

日本の伝統食材の美味しさと日本酒との相性を再発見する場としても最適な「昼酒おちょこ会」で、いつもと違うお酒の楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

 

■女性杜氏の日本酒 × 伝統食材が彩るアテ&スイーツ「昼酒おちょこ会」 
日時:2016年11月13日(日)
時間:第1部 11:30~13:30
  :第2部 16:30~18:30
会場:ホテル・アゴーラ大阪守口 3F 宴会場
料金:1名様 5,000円 (サービス料・消費税込み)

■問い合わせ
ホテル・アゴーラ大阪守口 イベント予約係
住所:大阪府守口市河原町10-5
電話:06-6994-1118(9:00~18:00)
http://www.hotelagora-moriguchi.com/

Area