ニュース

ほっこり、きゅんとする素朴さ。ATELIER MUJI「暮らしを寿ぐ切り紙 窓花」展

2016.12.25

Exif_JPEG_PICTURE

一枚の紙から生み出される素朴で暖かい芸術「窓花(まどはな)」。窓花とは文字どおり、家屋の窓を飾る小さな切り紙のこと。中国中央部に暮らす人々が、新たな年を迎えるにあたり、家の窓飾りを自らの手で作り続けています。

日々の暮らしの中での生活に欠かせない動植物や、想像上の人物や生き物など、ハサミと紙だけでおおらかに表現した「暮らしを寿ぐ切り紙  窓花」展が、有楽町「無印良品」のATELIER MUJIにて開催中です。

rd850_main

rd850_sub2

慌しい年の瀬から新年を迎える季節に、人は皆、来年も良い年でありますようにと願います。窓花を見ているとなぜか懐かしく暖かい気持ちになるのは、人の生活の根底に流れるものは異なる文化に生きていても同じだからではないでしょうか。

バタバタと様々なことに追い立てられる師走の時期、素朴で心豊かな芸術作品をゆっくりと鑑賞してみませんか。開催期間中、窓花を造るワークショップや、トークイベントなども開催予定です。ぜひ足をお運びください。

 

■「暮らしを寿ぐ切り紙  窓花」展
会場:無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
所在地:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
日程:2017年1月22日(日)まで※2017年1月1日は、休館日のためお休み
時間:10:00~21:00(入場無料)
http://www.muji.com/jp/events/ateliermuji/

KEY WORD

Area