食が変わる「塩」の知識が満載。ソルトコーディネーター・青山志穂の『日本と世界の塩の図鑑 』発売

2016.12.09

14686505_923883737717010_1382708984_n

「塩」をもっと楽しみたい方へ

塩レモンに、塩ポン酢、塩パンに塩スイーツまで、すっかり私たちの食生活にとけ込んだ「塩」ですが、おいしい塩を求めて店頭に向かうと、実に多くの種類が並んでいて、結局どれを選べばいいのかわからない…なんて経験はありませんか?

当サイトでコラム「今日もいい塩梅」を連載する、ソルトコーディネーター・青山志穂氏の著書『日本と世界の塩の図鑑 ~日本と世界の塩245種類の効果的な使いわけ方、食材との組み合わせ方~』には、そんな悩みを解決する塩のあらゆる知識や活用法が詰まっています。

古くから、生命の源として生活に欠かせない存在なのに、知られていないこと、間違って理解されていることが多い「塩」。正しい知識を得て、上手に付き合うことができれば、食生活はぐんと豊かに楽しくなります。

IMG_20160713_133009

現在、日本で購入できる塩は4000種を超えるといわれており、これだけ数多くの取り扱いがあれば迷ってしまうのは当たり前。本書では、シニアソルトコーディネーターとして、塩の普及活動に取り組んでいる青山氏が厳選した245種類の塩の味、塩と合うおすすめ食材や料理、その楽しみ方、選び方などが写真とデータとともに紹介されています。これさえ読めば自分に合う塩、それぞれの家庭に適した塩がわかります。

最近では健康のために減塩が呼びかけられていますが、塩選びひとつで塩分調整ができたり、味に大きな変化をつけることもできるので、塩の知識を身につけることは体にもプラスとなります。

デザートにも、飲み物にも、美容にも効く万能な塩の保存法や効果的な使い方を知ることができ、また、世界の料理人1000人に選出されたイタリアン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフを始め、プロの方々ならではの塩の使い方も収録されている、塩の魅力を網羅した、まさに「塩の図鑑」です。

わかりやすく、取り入れやすい塩の知識と活用法がまとめられた『日本と世界の塩の図鑑 ~日本と世界の塩245種類の効果的な使いわけ方、食材との組み合わせ方~』で、バラエティ豊富で体にやさしい塩ライフを楽しんでみては。

 

■『日本と世界の塩の図鑑 ~日本と世界の塩245種類の効果的な使いわけ方、食材との組み合わせ方~』
著者:青山志穂(一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会代表理事)
価格:1,500円(税別)
判型:A5判
ページ数:180ページ
発売日:2016年11月19日
発行元:あさ出版

 

【青山志穂の〈本日もいい塩梅〉】一覧記事はこちら
 http://www.premium-j.jp/aoyama_shiho/

rd300_mg_7507《プロフィール》

青山志穂

一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会 代表理事・ソルトコーディネーター

東京都出身、沖縄県在住。大学卒業後、大手食品メーカーで商品開発等を担当。2007年に沖縄県に移住後、塩に魅せられて塩の道へ。塩の専門店で社内資格制度の構築や人材教育、商品開発を行ったのち、2012年に(社)日本ソルトコーディネーター協会を設立して独立。現在は、塩のプロフェッショナルであるソルトコーディネーターの養成講座のほか、全国を飛び回りながら、塩に関する講演をはじめ、テレビやラジオ、雑誌などへの出演、塩売場のコーディネートなどを行っている。著書に「塩図鑑」(東京書籍)や「琉球塩手帖」(ボーダーインク)など。
公式サイト : http://saltcoordinator.jp 公式ブログ : http://blog.saltlabo.com

注目キーワード