仏像を彫り込んだはんこ「仏像図鑑」。銀行印にいかが?

2017.02.26

rd850_asuraSome rights reserved by Toshihiro Gamo

普段何気なく使っているはんこ。例えば宅急便の受け取りなどの日常使いから、重要な書類に押す大切な印鑑までいろいろありますが、たいていは名前のみが刻まれたものではないでしょうか。

今回は、そういった従来の「事務的な物」という概念を覆す「仏像図鑑」シリーズをご紹介。仏像好きにはたまらない、ユニークなはんこが勢ぞろいです。

rd850_main

「印鑑はんこSHOPハンコズ」から発売された「ねこずかん」「FUNCO(ファンコ)」につづく第3のシリーズ、「仏像図鑑」。「千手観音」や「風神・雷神」「金剛力士像」「弥勒菩薩」といった、お馴染みの十五体の仏像が彫り込まれたはんこが揃いました。

rd850_all_illust
 
それぞれの仏像の特徴をとらえた細かい描写は、直径15ミリの中に彫られているとは思えないほど精巧なものになっています。その表情も、ほっこりするような素朴な魅力があり、押すたびに愛着が湧いてきそう。種類は黒水牛・柘植の2種類。いずれも認め印、銀行印としての利用が可能だというから驚きです。
 

仏像好きな方はもちろん、少々変わったユニークなはんこをお求めの方も、ぜひ日本古来の仏様が入った「仏像図鑑」シリーズのはんこを手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

 

■「仏像図鑑」
種類:黒水牛、柘植
価格:5,000円(税込)
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/butsuzozukan/

 

 

《関連記事はこちら》

鞘に入った刀のような印鑑「SAMURA-IN」

関連キーワード

Area