ニュース

本日より限定各900足販売!男子心をくすぐるゴジラスニーカー

2017.01.21

rd850_godzilla1

1954年に初公開されて以来、世界中に熱狂的なファンを持つ、日本を代表する映画『ゴジラ』。2016年7月29日に公開された、シリーズ第29作目となる、12年ぶりの新作『シン・ゴジラ』は、庵野秀明氏が脚本、総監督を務め、興行収入80億円を突破して大きな話題を呼びました。

この『シン・ゴジラ』の公開を記念して、Reebok CLASSICと株式会社メガハウスが共同開発したスニーカー2種が、2017年1月21日(土)に発売されます。

このコラボスニーカーは、Reebok CLASSICの「Instapump FURY Road」をベースに開発されたもの。機能性も備えたプレミアムなスニーカーに仕上げられています。

早速、ご紹介していきましょう。

Instapump FURY Road Ver.GODZILLA

rd850_godzilla2

まずは、そのデザインを、まさにゴジラの顔に見立て、側面中央部分に瞳、ソール側面には牙が並び、黒いボディはゴジラの体表をイメージしたGODZILLAバージョン。ヒールには、英題としても用いられた「KING OF THE MONSTERS」の文字が刺繍され、空気を送り出すポンプには「GODZILLA VS FURY Road」の文字がプリントされています。さらに、インナーソールにも「ゴジラVSフューリーロード」のオリジナルロゴが配されている徹底ぶり。

Instapump FURY Road Ver.シン・ゴジラ

rd850_godzilla3

こちらは、表面デザインやソールに蓄光素材を使用し、暗闇での存在感を表すシン・ゴジラバージョン。ヒールにはゴジラの爪あとが刺繍であしらわれ、空気を送り出すポンプには「GODZILLA VS FURY Road」の文字がプリントされています。GODZILLAバージョンとは異なるデザインの「ゴジラVSフューリーロード」のオリジナルロゴ入りインソール付きです。

「スタイリッシュでインパクトも強く、キャラクタースニーカーながらもファッションとして取り入れやすいデザイン」と、スニーカーショップからも高評価のゴジラスニーカー。本商品を展示した「東京コミコン2016」では、海外ユーザーからも大好評だったそうです。

スニーカーショップ5店舗による、各900足の限定販売なので、気になる方はお早めに!

 

■Reebok CLASSIC×MegaHouse Instapump FURY Road Ver.GODZILLA/Ver.シン・ゴジラ
メーカー希望小売価格:28,000円(税抜)
サイズ:23.0~30.0(ハーフサイズなし)
特設サイト http://www.megahobby.jp/event/r_collabo3/

 

■販売店舗
mita sneakers(ミタスニーカーズ)
KICKS LAB.(キックスラボ)
atmos(アトモス)
Styles(スタイルス)
Reebok CLASSIC store 原宿(リーボッククラシックストア原宿)
プレミアムバンダイ(WEB通販)での予約受付は終了しました。

 

《関連記事はこちら》

原作、監督、声優、主題歌の奇跡のコラボが生んだアニメ映画『この世界の片隅に』

靴好きにこそ知ってほしい。世界に誇れる日本の靴 4選

KEY WORD

Area