リニューアルした、熱海「MOA美術館」で癒しのひとときを。

2017.02.15

(1)20170213

日本屈指の温泉地と言われる静岡家熱海市。都内から車や電車で1時間ちょっとという利便性から、大人の小旅行を楽しむ方も多い熱海ですが、温泉だけでなく素晴らしい美術館があることもご存知でしょうか。

1982年の開館から実に33年を超えた昨年、展示空間の刷新と設備の更新を目的に、約11か月に及ぶ改修工事を行っていたMOA美術館が、今月リニューアルオープンしました。

今回、新たに登場するのが、国宝「色絵藤花文茶壺」の部屋。その壁には、江戸黒とも呼ばれる艶やかな深みのある黒漆喰が使用され、職人の技術の粋をあつめた仕上げにより、野々村仁清の「色絵藤花文茶壺」の美しさを際立たせます。

(4)20170213展示室には、樹齢数百年の行者杉を使った框を配するなど、飾られる作品を最大限に生かす工夫が随所に施されています。さらに館内には、1986年に箱根の芦ノ湖を望む地に日本初のオーベルジュを開業した「オーベルジュ・オー・ミラドー」の伝説のシェフ、勝又登氏監修のカフェ・レストランがオープン。

(2)20170213そのほかにも、カジュアルなカフェや和食処など、アートを鑑賞後にのんびりとくつろげるお店があるのが嬉しいですね。また、リニューアルしたミュージアムショップには、美術館オリジナルグッズや、人間国宝をはじめ伝統工芸作家の手による貴重な限定商品も。

美術品が最も映える空間を目指した設計と、日本の伝統的な素材を用いた現代的な空間に生まれ変わったMOA美術館。ぜひ、近くにお立ち寄りの際は、足を運んでご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

■「MOA美術館」
所在地:静岡県熱海市桃山町26-2
アクセス:JR熱海駅より
(バス)バスターミナル8番乗り場よりMOA美術館行き 約7分 終点「MOA美術館」下車すぐ
(タクシー)JR熱海駅タクシー乗り場より約5分
開館時間:9:30~16:30 (最終入館は16:00まで)
休館日:木曜日(祝休日の場合は開館)、展示替日、年末年始
http://www.moaart.or.jp/

 

 

《関連記事はこちら》

利休が愛した名碗を一挙公開!東京国立近代美術館にて「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」開催

「春日大社 千年の至宝」空前絶後の古神宝が上野に集結