ニュース

河童、のっぺらぼう、ろくろ首…妖怪たちが浮かびあがる印鑑が面白い!

2017.03.14

rd850_hanko1

古くから日本に伝わってきた、姿は怪しげだけれど、どこか憎めない愛嬌あるキャラクターの妖怪たち。インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」から、「仏像図鑑」「浮世絵図鑑」につづく“日本の歴史を旅するハンコ”をテーマにした「ニッポン匠(TAKUMI)紀行」シリーズ第3弾、「妖怪図鑑」が発売されました。

日本美術でも題材とされることが多い妖怪たちを、ハンコとして意匠化した「妖怪図鑑」は、河童や天狗、のっぺらぼう、ろくろ首といった誰もが知っているものから、鵺、牛鬼、酒呑童子、鐘馗などマニアックなものまで、20種類をラインアップ。直径15ミリの小さな印面に彫刻したとは思えないほど、細かい描写で美しく描かれています。

rd500_hanko2
書体は甲州手彫り印章の伝統工芸士・遅澤流水氏による手書き文字を採用。今にも動きだしそうなリアルで神秘的な妖怪のイラストに、雰囲気のある手書き文字がよく映えます。

印鑑の素材は、使いこむほどに色艶が深まり高級感のある黒水牛と、金運の象徴とされる黄金色の木材、柘植の2種類から選ぶことができ、いずれも認め印、銀行印としての利用が可能です(一部銀行を除く)。

妖怪たちの個性があふれるユニークなハンコ「妖怪図鑑」。日常使いができ、使う楽しさも味わえますよ。

 

■ニッポン匠(TAKUMI)紀行シリーズ「妖怪図鑑」
黒水牛/柘植
価格:5,000円(税込)
※役所への登録に関しては、お近くの役所に事前確認のうえご利用ください。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/youkaizukan/

 

■問い合わせ
印鑑はんこSHOPハンコズ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/

 

《関連記事はこちら》

鞘に入った刀のような印鑑「SAMURA-IN」

こだわりから生まれた南部鉄器の「朱肉入れ」

KEY WORD

Area