ニュース

11月16日六本木ヒルズにて『世界で「マンガ」を語るためのTHE入門』開催!!

2015.11.12

manga01

世界から注目される日本の「マンガ」文化のルーツ「北斎漫画」を勉強しよう

2015年11月16日(月曜)19:00〜20:30、六本木ヒルズ森タワー49F六本木アカデミーヒルズにおいて、『世界で「マンガ」を語るためのTHE入門〜全ては「北斎漫画」から始まった〜』というセミナーが開催されます。

日本で「漫画」という言葉を初めて用いたのは江戸時代の浮世絵師葛飾北斎であったという事は、意外と知られていないのではないでしょうか?

日本の「マンガ」が世界で共通の話題となっている今、その元祖である「北斎漫画」を知っておく事は「マンガ」を少しアカデミックに語るためのお役立ち知識になるはずです。

 

北斎漫画を最新デジタル技術で紹介

世界一の北斎漫画コレクターの浦上満氏が、そのコレクションが底本になっている凸版印刷株式会社のデジタルアーカイブ技術によって製作されたバーチャルリアリティー(VR)作品「Touchi the 北斎漫画」を使って、その魅力を語ります。大画面に映し出すことも可能なVR作品は、北斎の筆遣いの細部の特徴まで感じ取る事が出来るため、本で見るのとはまた違ったインパクトがあるでしょう。

浦上氏による作品解説、江戸の出版文化、ジャポニズムに与えた影響などのお話の聞き手は、現代のマンガ文化に詳しい山内康裕氏です。江戸時代から今に繋がる、日本が誇る「漫画」文化の事が楽しく学べる、カルチャーとサブカルチャーの垣根を超えた美術セミナーです。

芸術の秋、一夜を漫画談義で過ごしてみてはいかがでしょうか?

六本木アートカレッジ セミナー
日本美術を超体感 TOPPAN VRセミナーシリーズ
http://academyhills.com/school/artcollege/detail/toppan20151116.html

Area