ニュース

伝統工芸品を見て触って感じられるショールームが東京・北参道にオープン。

2017.02.19

main copy-min

日本各地で活躍する工芸作家の作品を“実際に手に取って見る”ことができるショールームが、東京・北参道にオープンします。

このショールームは、日本のものづくり、地場産業のブランドづくりをサポートする、リアルジャパンプロジェクトがプロデュース。日本各地で長年継承されてきた工芸品を、あらゆる可能性の中に置きたいという想いから、工房や職人たちの商談会やテストマーケティング、ワークショップなどの場として活用してもらうことを目的に生まれた常設シェア型のスペースです。

sub2 copy-min

“作り手と売り手、そしてお客様が繋がるリアルな場所”を目指しており、一般の方も来場可能です。モノの素材感やサイズ、使い心地などを実際に見て、触って、感じられる場となっています。

工房単体の紹介ではなく、ライフスタイルやテーマに合わせたさまざまな展示も予定しているとのこと。工芸品がそばにある豊かな生活をイメージしやすいショールームなので、誰でも気軽に立ち寄ることができそうです。

sub3 copy-min

3月11日(土) には、「職人と実際に会えるイベント 第1弾」として、山本勝之助商店代表・土田高史さんによる「棕櫚箒のお手入れ&使い方ワークショップ(仮)」も開催予定です。

日本の伝統文化が生んだこだわりの品々に触れられるショールーム。来場はアポイント制ですので、興味のある方はまずご連絡を。

 

■リアルジャパンプロジェクト ショールーム
営業時間:平日10:00~18:00 土日祝日休み ※アポイント制
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-13アドス御苑マンション1F
電話:03-6380-1575
http://realjapanproject.com/
主な取り組み先:AJI PROJECT / KOMODARU-LINK / 山本勝之助商店 / めのうの店 川島 他
※イベント詳細は、リアルジャパンオンライン(上記URL)にてご確認ください。

 

《関連記事はこちら》

伝統工芸の後継者を育てる「京都職人工房」の取り組み

素晴らしき伝統的工芸品に想いを添えて。高級電報ギフト「みつぼし」

KEY WORD

Area