心を込めたギフトにもぴったり。「OMOTENASHI Selection 2017」受賞対象発表!

2017.02.28

rd850_omotenashi1

さまざまなシチュエーションに対応できる気の利いたギフトをいくつか知っておくと、いざというとき困らずにすみますよね。

「日本のおもてなしを世界のOMOTENASHIへ」を合言葉に活動しているOMOTENASHI NIPPON実行委員会による、おもてなし心あふれる商品やサービスを募集、発掘し、国内外に発信するプロジェクト「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)」には、ギフト選びに役立つ心づくしの商品が揃います。

日本が世界に誇る魅力のひとつとして、注目を集めている「おもてなし」。OMOTENASHI Selectionでは、日本独自の「おもてなし」の魅力を、商品部門4期、体験・サービス部門1期に分け、日本人の有識者と、日本在住経験のある外国人選定員によりグローバルな視点で通年選定し、発掘します。その隠れた価値に光をあて、広報活動や生活者の手元に届けるまでの流通のサポートも行います。

「日本らしく、現代の生活を豊かにし、世界に通じる。ついつい人に伝えたくなる優れたOMOTENASHI体験を提供する商品・サービス」を視点に選定された、2017年度の第1期商品部門の受賞対象全33商品が先だって発表され、総合的な評価が高かった8対象が金賞に決定されました。

rd850_omotenashi2「金賞」受賞対象。1.樹が付いたブラシ:アートフォルム有限会社(秋田県)/2.KOMODARU-LINK ミニ鏡開きセット:株式会社岸本吉二商店(兵庫県)/3.さくらサブレ:サクラスイーツ(富山県)/4.酒のいろいろ物語-ジュレ:バッケンモーツアルト(広島県)/5.東京さしすせそ:株式会社フードリレーション(東京都)/6.おやさいクレヨン:mizuiro株式会社(青森県)/7.薄金:株式会社 モルファ(兵庫県)/8.ハンドドリップ日本茶 green brewing:株式会社LUCY ALTER DESIGN(東京都)

優れた対象はもちろん、必要な経営資源を確保することが難しい中小企業や小規模事業者にとって販売力強化の一助となることを目的とし、2015、16年度の過去2年間で合計137の商品・サービスを認定。日本国内をはじめ、アメリカ、中国、台湾、マレーシアなど世界各国に向けた広報活動と販路の開拓を行ってきたこのプロジェクト。
4月には日本橋髙島屋にて、日本各地から選び抜かれたOMOTENASHI Selection 受賞商品が一堂に会する催事も開催予定です。毎年人気を博しているイベントで、日本の商品が持つ力強さと心遣いを感じてみては。

 

■問い合わせ
OMOTENASHI Selection 運営事務局(ENGAWA株式会社内)
電話:03-6721-0956
http://omotenashinippon.jp/selection