海の京都「天橋立」に、全室天然温泉プライベートプール付き旅館オープン!

2017.03.25

rd850_main

宮城県の松島、広島県の宮島と並ぶ日本三景のひとつ、京都の天橋立。日本海に面する丹後半島から続く若狭湾の奥深く、宮津湾の真ん中を分断するかのように細い陸地が延びるその風景は、日本神話に登場するイザナギノミコトが、天に通うためのハシゴを架けたところ、寝ている間に倒れ伏してしまったという故事に、その名が由来します。

観光地としても年々人気が上昇している、この天橋立エリアに、2017年4月1日(土)、全室天然温泉プライベートプール付のリゾート旅館 「天橋立離宮 星音(ほしのおと)」がグランドオープン。今回はこちらをご紹介します。

 

rd850_sub1

すべての客室に、自家源泉から金温泉の露天風呂、銀温泉の内風呂と2種類の天然温泉が付いた「天橋立離宮 星音(ほしのおと)」。部屋数はなんと7室のみという、「大人の上質旅」に相応しい贅沢な間取りになっています。

rd850_sub10

丹後、宮津エリアは、とり貝や松葉蟹、鰤など国内でも有数の海の幸が豊富な地。また、専用の自家農園では、約50種類もの無農薬野菜を育てています。それらの食材を使って、有名高級旅館やホテルで料理長を歴任した総料理長が腕を振るいます。

rd850_sub12

また各部屋には、世界に名を馳せる名作家具・フリッツハンセン、日本の美と堅実な作りにこだわった飛騨高山の家具など、デザインとクオリティにこだわったものだけを導入。ゆったりとした時間をお楽しみくださいね。

rd850_sub13

黒いタイルが敷き詰められたブラックプールの水面が、海や空を映しだすインフィニティプール付。海と繋がるような景色の中、贅沢な癒しの時を過ごせます。

歴史や寺院とはまた別の素晴らしい景色を見せてくれる海の京都、「天橋立」エリア。この春、誕生するリゾート旅館に注目です。

 

■「天橋立離宮 星音(ほしのおと)」
所在地:京都都府宮津市日置3080
敷地面積:2,846.1㎡(約862坪)
客室数:7室(1室 123.18㎡ 前庭・デッキ、客室70㎡)
客室収容人数:3名
開業日:2017年4月1日(土)
アクセス:与謝天橋立ICより12分、天橋立駅より20分(無料送迎あり)
http://hoshino-oto.jp/

 

《関連記事はこちら》

大人の京都ひとり旅はエステとお茶で優雅に。「カージュラジャ」と「福寿園京都本店」が初コラボ

関連キーワード

Area