稀有な文化を感じる長崎県の「国境の島」、旅を楽しむ公式アプリ公開

2017.04.03

rd500_sub3  

いよいよ春本番。ようやく暖かくなり、外に出かけたい気候になりました。「休暇が取れたらここに行きたいな」とネットや旅行雑誌などであれこれ旅先を探すのも楽しいですよね。そこで、国内旅行に行くなら、いつもと毛色の違ったこちらはいかがでしょうか。

地域の歴史的魅力や特色を通じて、日本の文化や伝統を語るストーリーを文化庁が認定する「日本遺産」認定第1号に選ばれた、長崎県の「国境の島 壱岐・対馬・五島」です。

「国境の島」は、日本本土と大陸の中間に位置することから、古代よりこれらを結ぶ海上交通の要であり、交易や交流の拠点でした。構成文化財になった史跡や文化財及び名勝は、どれも朝鮮半島や中国大陸との交流によって作られたもので、国際色豊かな歴史背景を感じることができます。

rd500_sub2
そんな歴史ある国境の島での観光を、より楽しめる公式アプリがこのたび公開されました。国境の島のストーリーや各島の構成文化財、さらに島周辺のおすすめ情報や、目的地までのルート案内など、壱岐・対馬・五島での観光を実りあるものにする機能が満載です。

さらに、構成文化財を訪れて「カメラ」を選択すると様々なキャラクターが表示され、ここでしか撮れない撮影も楽しめます。

この土地だからこその稀有な文化が感じられる「国境の島」。お休みが少し多く取れたときは、日本の歴史や文化にふれる旅もおすすめですよ。

 

 

■「国境の島 公式アプリ」
特設サイトはこちら
http://kokkyonoshima.com/
iOS(App Store)のスマートフォン・タブレットアプリのダウンロードはこちら
https://itunes.apple.com/jp/app/japan-heritage-border-islands/id1209943141?l=ja&ls=1&mt=8
Android(Google Play)のスマートフォン・タブレットアプリのダウンロードはこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kokkyonoshima.app

 

 

《関連記事はこちら》

原城と天草・島原の乱:城郭キュレーター 萩原さちこ

「天草四郎、多すぎ」 実は十数人いた!? 衝撃の「天草四郎・ユニット説」に驚く人が続出