東京で新茶を味わい尽くす!「京都 和束茶フェア」

2017.04.30

rd850_rihga1

健康志向の高まりから世界的にも話題となっている日本茶。新茶の季節を迎え、その味わいを堪能できる日本茶フェアがリーガロイヤルホテル東京にて開催されます。

2017年5月1日(月)から6月30日(金)までの期間で行われるこの「京都 和束茶フェア」では、鎌倉時代から宇治茶生産の中心地である京都府和束町でとれた「和束茶」を使用したスイーツとカクテルを楽しむことができます。

それでは、格別な味と香りの良さから名品として知られる、和束茶の魅力が凝縮したフェアメニューをご紹介しましょう。

rd500_rihga2
こちらのガーデンラウンジで供されるスイーツ2種は、ともにコーヒーまたは紅茶つきの2,495円。写真奥の「3種の和束茶デザートプレート」は、粒あん入りのバタークリーム、抹茶クリーム、抹茶とアーモンドの生地などを層にした“和束抹茶のオペラ”と、ほどよい渋みの緑茶のムースの中に甘酸っぱいカシスのムースを閉じ込めた“和束緑茶のムース”、エクレアにカスタードクリーム、ほうじ茶風味の生クリーム、黒豆を挟んだ“和束ほうじ茶のエクレア”の3種がのせられた、欲張りな1皿です。

写真手前は、大納言小豆、生クリーム、和束抹茶のジュレ、和束紅茶のジュレ、いちご、白玉、黒豆、和束ほうじ茶のアイスクリーム、胡麻のチュイル(薄焼きクッキー)、黒蜜ソースなどを盛り付けた「和束茶のクリームみつまめ」。サクサクとした食感のリスフレ(ライスパフ)が効いています。

rd500_rihga3

英国調のクラシカルなセラーバーでは、辛口のカクテル2種類をご用意。「利休」(写真左/2,138円)は、日本を代表するシングルモルトウイスキー「白州」をベースに和束抹茶、コアントローを加えた、さわやかで清々しいオレンジの香りと抹茶の苦味を楽しめるカクテル。

ジンベースのカクテル“ホワイトレディー”に和束抹茶を加えてアレンジした「Green Lady」(写真右/1,901円)は、ほろ苦い抹茶にレモンの酸味を加え、さっぱり爽やかな口当たりです。

rd500_rihga4
テイクアウトショップのメリッサでは、ガーデンラウンジの「3種の和束茶デザート」をミニサイズにしたセット(1,200円)のほか、黒豆のトッピングがアクセントとなる、ほうじ茶のロールケーキ生地にほうじ茶風味の生クリームと求肥を巻いた「和束ほうじ茶のロールケーキ」(写真下/420円)、通常サイズの「和束抹茶のオペラ」(写真上/480円)が登場。自宅で食べるもよし、手土産にするもよしの季節のケーキです。

また、5月3日(水・祝)、4日(木・祝)の2日間には、「京都府和束町 摘み立て新茶のふるまい茶」のイベントも実施。和束町自慢の新茶が、ロビーにて無料で振る舞われます。

名品の日本茶をさまざまなアレンジで味わえる貴重なフェア。優雅な空間でおいしいスイーツ&カクテルをお楽しみください。

 

■「京都 和束茶フェア」開催概要
会期:2017年5月1日(月)~6月30日(金)
時間:ガーデンラウンジ…11:00~19:30(L.O.19:00)
   セラーバー…18:00~24:00(L.O. 23:30)※定休日:日曜日
   メリッサ…10:00~20:30
https://www.rihga.co.jp/tokyo/restaurant/fair_list/wazuka

 

■問い合わせ
リーガロイヤルホテル東京
電話:03-5285-1121(代表)
http://www.rihga.co.jp/tokyo

 

《関連記事はこちら》

ご近所の方がうらやましい!静岡の日本茶カフェ「san grams(サングラム)」

次なる季節のスイーツといえばコレ。「抹茶マニア」ブッフェが帰ってくる!

関連キーワード

Area