抹茶のアフタヌーンティーで、ラグジュアリーなひとときを。

2017.04.26

rd850_strings1

ここ最近、注目を集めているアフタヌーンティー。新緑の美しい今なら、この季節にぴったりの香り高い抹茶をふんだんに使用した「抹茶のアフタヌーンティー」はいかがでしょうか。

品川駅からほど近い「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で、2017年5月1日(月)から6月30日(金)の期間に提供される「緑菓の重(りょくかのじゅう)」は、さまざまな有名産地の抹茶を使用したスイーツやサンドウィッチを有田焼の球型三段重に詰め込んだ、贅沢なアフタヌーンティー。

お重を開ければ、たちま抹茶の豊潤な香りが広がります。「緑菓の重」一の重には、セイボリーとして、抹茶を練り込んだブレッドにローストチキンとゴーダチーズを挟んだサンドウィッチが。
二の重には、こだわりの抹茶づくしのスイーツがたっぷりと。宇治の抹茶による「抹茶と小豆のタルトレット」や、西尾の抹茶を生地とクリームに練り込んだ「西尾抹茶のロールケーキ」など、素材それぞれに合う抹茶を厳選してつくられたスイーツを堪能できます。

rd500_strings3
そして三の重は、なめらかな口どけのホワイトチョコレートと抹茶のフォンダンで、季節のフルーツや白玉をディップするスイーツフォンデュ!
残ったフォンダンに温かいミルクを注げば、ほどよい甘みの抹茶ミルクとしても楽しめます。

このほか、口直しにもなる濃厚な抹茶のアイスクリームや、抹茶のクロテッドクリームとともに供される抹茶と黒豆のスコーン、ほうじ茶とホワイトチョコレートのマフィンがプラッターとして用意されています。

ドリンクは、高級ティーブランド 「TWG」のTeaセレクション6種、フレンチプレスコーヒー「コスタリカ ラホジャ」をはじめ、ハーブティー、エスプレッソなど約20種類から選ぶことができ、お代わりも可能。種類変更もできるそうなので、スイーツごとにドリンクを選ぶ楽しみ方もありますね。

rd850_strings2

天井高27mの吹き抜けのロビー中央に位置し、自然光が降り注ぐ水辺に囲まれた開放的な空間で味わえる、和のアフタヌーンティー。慌ただしい日常から離れて、落ち着いた時間を過ごすのにふさわしいティータイムになりそうですね。

 

■抹茶アフタヌーンティー「緑菓の重」概要
期間:2017年5月1日(月)~6月30日(金)
場所:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」
所在地:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26階
時間:ティータイム 14:30~17:30(L.O. 17:00)
料金:4,000円  ※別途消費税とサービス料12%が加算となります

 

■問い合わせ
ザ・ダイニング ルーム
電話:03-5783-1258  
http://www.intercontinental-strings.jp/restaurant/dining_room/

 

《関連記事はこちら》

大人の京都ひとり旅はエステとお茶で優雅に。「カージュラジャ」と「福寿園京都本店」が初コラボ

次なる季節のスイーツといえばコレ。「抹茶マニア」ブッフェが帰ってくる!