東京農大卒業生の酒蔵が集結。貴重銘柄が試飲できる「SAKE SUMMIT」

2017.05.22

rd850_main

農業とテクノロジーが融合した新しい分野「アグリテック」。あまり耳慣れない言葉ですが、今後さらに懸念される農業従事者の減少、世界的な食糧危機、環境破壊とエネルギーの問題など、現代の「食」にまつわる、さまざまな課題への解決が期待される分野です。

そんな新たな農業の未来を目指して、各国の企業や専門家、農業従事者らが集まり、最先端のアイデアを交換し議論するイベント、「AG/SUM(アグサム)アグリテック・サミット」が、5月23日(火)から25日(木)にかけて開かれます。

このイベントの特別プログラムとして、東京農業大学の卒業生が活躍する酒蔵、20以上が集まり、南部美人や出羽桜、蓬莱泉など、世界に誇る日本酒約25銘柄を3日間にわたって提供する、「東京農大SAKE SUMMIT」が開催されます。

全国の大学で唯一「醸造」の専門教育を行う、東京農大の後援で実現したこのプログラムでは、通常の酒販ルートではお目にかかれない貴重なラインナップで、日本酒の魅力を伝えてくれます。

本イベントへの入場には、チケットの購入が必要です。日本酒だけでなく、日本の農業の未来やビジネスについて学びたいという方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

■「AG/SUM 東京農大SAKE SUMMIT」
日時:2017年5月23日(火)~25日(木)
時間:5月23日(火):12:00~15:30、24日(水):11:30~15:00、25日(木):11:30~15:00
会場:虎ノ門ヒルズ / 虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区虎ノ門1丁目23番1~4号)
※このイベントの入場には、チケットの購入が必要です(下のアドレスよりお手続きください)
https://www.agsum.jp/

 

 

《関連記事はこちら》

福小町純米吟醸 美郷錦火入れ55:日本酒キュレーター あおい有紀

関連キーワード

Area