富山の伝統産業の魅力を発信する「暮らしにいきる伝統のかほり展」、BEAMS JAPANにて8月19日(土)より開催

2017.08.17

main富山県高岡市の銅器、 漆器や螺鈿(らでん)といった伝統工芸に携わる若手職人の団体、 高岡伝統産業青年会が主催するイベント「暮らしにいきる伝統のかほり展」が、 8月19日(土)から9月8日(金)の期間、 ビームス ジャパン(東京・新宿)にて開催されます。

400年前に、加賀藩前田利長の命により、 7名の天才鋳物師が送り込まれたことによって始まった、 伝統工芸都市高岡の銅器産業。現代も職人たちがまちの産業を支えており、技術と意志を継ぐ若手職人で構成される団体が「高岡伝統産業青年会」です。単なるモノづくりにとどまらず、 近年では高岡の産業を舞台にした映画の製作・フィレンツェでの発表をはじめ、 全国各地での鋳物体験・展示会開催など、 伝統工芸のあたらしいあり方を提唱しています。

本イベントではものづくりを広め、さらなる地場産業の活性化を目指すことを目的に、 工芸品の販売ほか職人の技術を体感することができるワークショップも実施されるとのこと。

400年も前から現代まで脈々と受け継がれてきた富山の伝統工芸。この機会に見て、触ってみませんか?

 

「暮らしにいきる伝統のかほり展 」
日程:8月19日(土)~9月8日(金)
店舗:BEAMS JAPAN(東京・新宿)


錫(すず)のぐい呑みづくり体験
日程:8月19日(土)、 8月20日(日)
会場:BEAMS JAPAN 1F
参加費:¥3,000 (つくったぐい呑みはお持ち帰りいただけます)
※ご予約ほかご質問はBEAMS JAPAN(03-5368-7300) 1F店舗スタッフまで。