鮮やかな世界が目の前に広がる人気の展示会「万華鏡展2017」

2017.08.28

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京・渋谷、Bunkamura Galleryで開催される、都内最大級の万華鏡の祭典「万華鏡展2017」について本日はご紹介します。
人気の本展は15 回目を迎え、節目である今年は会場スペースを拡張し、内容もスケールアップ。今年のテーマである 「clear blue」 「snowflakes」 の 涼感溢れる最先端万華鏡を中心に、ワークショップ、そしてこの度初公開となる光を体感する 「暗闇体感ブース」が設置されます 。 暗闇のなかは鮮やかな万華鏡の世界が広がっていて、まるで万華鏡の中に入り込んだような体験を楽しめます。
今年5月、 京都で開催された万華鏡世界大会において本展常連作家3名が最優秀作品賞である <ピープルズ・チョイス・アワード>を受賞しました。 外観、 内部共に高いクオリティーを誇る中里保子氏、 イギリス万華鏡界を代表するマーク・ ティックル氏、 当ワークショップでも絶大な人気を誇る佐藤元洋氏らの受賞作品も特別展示されます。

1800年代初期に日本に上陸して以来、われわれを魅了し、そして今も進化し続ける万華鏡。これまでにないアプローチで万華鏡の魅力に触れることができる「万華鏡展2017」で、その魅惑の世界を堪能してみては。

 

「万華鏡展2017」
期間:2017年9月16日(土)~9月24日(日)
開館時間:10:00~19:30
会場:Bunkamura Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
入場料:無料

注目キーワード