世界遺産・国宝 姫路城を舞台にした伝統・文化とアートの饗宴「姫路城×彩時記」秋が来月より開催

2017.10.12

 

main (3) sub15 (2)

昨年から始まった姫路城にまつわる事象をテーマにした「和」の芸術で季節を表現する「姫路城×彩時記」。今年は開催場所を移し、11月10日より西の丸庭園を舞台にした屋外展示に加え、百間廊下で屋内展示も展開されます。日本の伝統芸術である盆栽や書道、全国で活躍するアーティストによる現代アートの数々が織りなす幻想的な空間と姫路城のコラボレーション。開催テーマは「千姫の宝箱」。波乱万丈の人生を送った千姫が七十年の生涯の中で最も幸せであったと言われている姫路城での日々。その千姫が休息の場としてくつろぎの時間を過ごしていた西の丸・百間廊下はかつて彼女が好んだもの、大切にしたものを、そこにおさめていたかもしれません。千姫にとって思い入れのある西の丸・百間廊下がこの度、夜間に初公開され、優美に彩られます。夜間は照明演出や映像演出を駆使し「和」のイルミネーションとして昼間の風景とは異なる表情を見せます。また、展示型のインスタレーションだけではなくパフォーマンスやワークショップも開催され、「見る」だけではなく「体感・体験」もできる内容になっています。

千姫が思いを寄せた百間廊下、そして西の丸庭園にくり広げられるアートをお楽しみ下さい。

 

sub13 (2)  sub12 (2)

 sub18 sub16 (2)
                        昨年の様子

 

「姫路城×彩時記」秋 -color of the season-
開催場所:姫路城西の丸庭園(屋外)及び西の丸百間廊下(屋内)
実施期間:11月10(金)~26日(日)
◆昼間 9:00~17:00(入城は16:00まで)
料金:見学無料(別途、姫路城入城料が必要)
大人(18才以上)1000円/小人(小学生・中学生・高校生)300円
◆夜間 18:00~21:00(入城は20:30まで)
料金:西の丸百間廊下内部の夜間公開は500円/人(大人、小人共通)
参加アーティスト:
・プロジェクション/ATWAS
・コスチューム、テキスタイル/大野知英
・浮遊/小松宏誠
・書道パフォーマンス/徳山尭浩
・装花/ねのうわさ
・竹/三橋玄
・ライティング/ミラーボーラー
アクセス:JR姫路駅から徒歩で約20分、山陽電鉄本線山陽姫路駅から徒歩で約20分
お問合せ先: 079-285-1146
http://himejijyosaijiki.com/

注目キーワード