AIとARTの融合により生まれる美しいストーリー「視線で花咲くアート展」

2017.11.10

main
「視線で花咲くアート展」イメージ

人工知能 AIを活用した、人の視線の向きに応じて作品そのものが変化していく体験型イベントの「視線で花咲くアート展」。11月13日(月)から26日(日)までの期間、東京駅直結の行幸地下通路(東京都千代田区 丸の内)にて開催されます。本展示会は、カメラで離れた場所から人の視線の向きをリアルタイムかつ高精度に検知できる「遠隔視線推定技術」をインタラクティブアート作品として表現した展示会です。
作品を見ると、視線を向けた先のスクリーンで花が生まれ育つ、蝶が飛ぶなどのさまざまな生命が誕生する映像が流れます。鑑賞者が多くなればなるほど、それぞれの視線で生み出す生命が重なり合う世界を楽しむことができます。

視線の先に広がる、色鮮やかなストーリーをぜひその目で。

 

視線で花咲くアート展
場所:東京駅直結の行幸地下通路 ( 東京都千代田区 丸の内)
会期:11月13日(月)〜26日(日) 11:00~19:00
演出・制作:NAKED Inc.