知られざる富山の魅力に触れる14日間 “富山の極上。” in日本橋開催

2017.11.26

main
自然、四季、歴史、文化、恵まれた風土のなかで、富山県の人々は、長い時間をかけて個性豊かな技や文化、数多くの県産品を創りあげてきました。そんな富山及び「とやまブランド」の魅力を紹介する催事 “富山の極上。”in日本橋『とやまの誇り~とやまブランドの魅力に触れる14日間~』が日本橋とやま館にて、11月27日(月)~12月10日(日)の期間、開催されます。

富山県は、立山黒部アルペンルートや黒部峡谷に代表される豊かで美しい自然、世界遺産五箇山合掌集落や国宝瑞龍寺などの貴重な文化遺産、越中おわら風の盆やむぎや祭などの伝統芸能、米、ブリなどの新鮮な農産物、魚介類、ますのすし、チューリップなどの特産品など、全国に誇れる魅力を持っています。また、日本海側屈指の工業集積やものづくりの伝統に支えられた産業基盤があり、医薬品、ロボット、半導体などの最先端の技術を生かした優れた工業製品も数多くあります。こうした、富山県の良さや魅力は、必ずしも広く知られているとはいえない面もあり、むしろ富山県の印象は薄いという声もあがっているといいます。そうしたなか、国内外の多くの人に、富山ならではの魅力を持った商品やサービス、「富山」という地域が持つ「富山らしさ」を感じてもらいたいと、いま富山県は「とやまブランド」の普及に努めています。本催事では、「とやまブランド」の展示、販売ほか、250年以上にもわたって高度な技術を継承してきた富山の伝統工芸、井波彫刻の職人による2m級の欄間制作の実演披露やワークショップも催されます。

是非、立ち寄って富山の魅力にふれててみてはいかがでしょうか。

 

“富山の極上。”in日本橋『とやまの誇り~とやまブランドの魅力に触れる14日間~』
日時: 11月27(月)~12月10日(日)10:30~19:30
    ※ワークショップは日時指定
場所:日本橋とやま館 東京都中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1F
問合せ先: 076-444-9605(富山県 地域振興課)
各ワークショップの申込み&問合せ先:
「日本橋とやま館」公式ホームページ申込みフォーム(https://toyamakan.jp/news)、又は電話番号076-444-9605(「とやまブランド」ワークショップ運営事務局)宛てに。
※申し込み時に氏名、住所、携帯番号、メールアドレス、参加人数が必要です。

プログラム詳細
◆「とやまブランド」展示/販売
◆「富山県推奨とやまブランド」パネル展
極上の「富山県推奨とやまブランド」(「高い品質と信頼性・安全性」、「オリジナリティ」、「富山らしさ」、「市場性」、「将来性」の5つの基準をクリアした、県産品のこと)のルーツを紹介するパネルが展示されます。
◆「とやまブランド」実演プログラム
井波彫刻「欄間制作」実演(※予約不要)
井波彫刻師が、欄間の制作実演をします。ノミや彫刻刀を使って仕上げる伝統の技法を、ノミの柄尻を打つ槌音や彫ったばかりの木のにおいとともに楽しめます。
日時:12月9日(土)[第1回]13:00~15:00/[第2回]16:00~18:00
実演者:井波彫刻師・藤﨑秀平氏(井波彫刻協同組合 常務理事)

 sub2
井波彫刻「欄間制作」実演

 ◆ 「とやまブランド」ワークショップ・プログラム
・とやま土人形「絵付け体験」(※予約受付要) 
とやまの産業、伝統、風俗を取り入れて、一つひとつ真心をこめて作られる、手づくりの伝統民芸品「とやま土人形」。来年の干支“戌”の絵付け体験ワークショップが開催されます。
日時:12月3日(日)[第1回]10:40~12:10/[第2回]13:00~14:30
参加費:600円(税込)

・井波彫刻「木のぐい呑み作り体験」(※予約受付)
繊細で立体的な彫り技法で評価の高い伝統的工芸品「井波彫刻」。その技法を使い、世界でひとつの、 “マイ木のぐい呑み”を井波彫刻師と共に製作できます。完成した“ぐい呑み”で、館内バーラウンジで富山の地酒を楽しむこともできます。
日時:12月10日(日)[第1回]11:00~12:30/[第2回]14:00~15:30/[第3回]16:00~17:30
参加費:2,200円(税込)
講師:井波彫刻師・藤﨑秀平氏(井波彫刻協同組合常務理事)


井波彫刻「木のぐい呑み作り体験」