梶井基次郎ら文豪・歌人たちが愛した温泉宿「落合楼 村上」

2016.01.21

re110_01
明治から平成へ……伝統を紡ぐ宿

さまざまな文学作品の舞台となった伊豆・天城。この地に、明治時代に創業された歴史のある宿があります。それが今回紹介する「落合楼 村上」です。「落合楼」という名前は、この宿を愛した山岡鉄舟が提案したもの。その後も島崎藤村、北原白秋、梶井基次郎など多くの文人がこの宿に滞在。名歌や名作を生み出しました。まさに「文豪に愛された宿」なのです。

次ページ《古きよき時代のモダンを感じる館内

Area