伊豆箱根で「冬のストーブ川床」始めました

2016.02.11

rd850_kawadoko_1
日本で唯一の「冬のストーブ川床」が伊豆箱根に登場

冬といえばこたつにみかん。日本人魂が騒ぎ出すそのイメージは、温泉旅館のほっこりとしたくつろぎシーンともマッチします。初めて訪れる宿なのに、こたつがあればすっかりくつろげてしまうのは不思議なものです。

静岡県伊豆市の湯ヶ島にある、伊豆箱根で唯一、川床を楽しめる宿「水のみち 風のみち 湯ヶ島 たつた」では、2015年12月上旬から新しい試みを始めました。それは、自慢の川床でちゃんちゃんこを着てこたつに入り、ストーブのあったかさに包まれながら渓流を眺めることができる「冬のストーブ川床」という試みです。川床からの眺めを冬季に楽しめる場所は、たつた社の調べでは他に例がないとのこと。ありそうでなかった斬新なアイデアです。

rd850_kawadoko_2
渓流を眺めながらほっこりくつろぐ

この「冬のストーブ川床」は、最大5組限定で楽しむことができます。年に数回降るという雪の日も、こたつにストーブ、ちゃんちゃんこがあれば凍える心配もなく「雪見川床」が楽しめそう。また、川沿いの柵には防風用にアクリル板が設置されているため、横風の心配もいりません。天城越えで知られる湯ヶ島の大自然を五感で堪能しながら、旅館の脇を流れる「猫越川(ねっこがわ)」の川の流れる音をBGMに、ほっこりくつろぎの時間が楽しめます。

rd850_kawadoko_3
癒しのお風呂と満足度の高い料理

この冬の川床では、さらに温泉まで楽しめます。川床で一興した後、少し冷えた体を温めてくれる温泉は、3種の貸切風呂で満喫できます。100%源泉かけ流しの温泉がプライベートな空間で楽しめるという、まさに大人の贅沢です。そして自然に恵まれた伊豆ならではの、海の幸・山の幸ともに充実する素材を活かした料理では、和の繊細な味覚に出逢えます。温泉や料理など、日本の趣あるちょっとした贅沢にプラスして、こたつにストーブ、ちゃんちゃんこという庶民的な風情を感じられる冬の川床は、ある種、新しいイベント体験と言えそうです。

 

■お問い合わせ
水のみち 風のみち 湯ヶ島 たつた
住所:静岡県伊豆市湯ヶ島347
電話:0558-85-0511
http://www.tatsutaryokan.jp/
写真:©株式会社たつた

 

 

Area