登別温泉 滝乃家:「プレミアム温泉」vol.26 石井宏子

2016.02.27

ishii026main-01

北海道でしか味わえない活毛蟹の実力

1917年に料亭として創業し温泉旅館へと成長した滝乃家の料理は、割烹料亭だった歴史と心意気を感じさせます。たとえば、毛蟹。北海道内で産地を変えて仕入れることで、できる限り年間を通じて「活毛蟹」をその日に茹で蟹にして出してくれます。できる限りと書いたのは、どうしても活毛蟹が手に入らない日は、別のものを出すから。つまり、毛蟹に関しては「活毛蟹」しか出さないというわけです。冷凍ものとの圧倒的な違いは、甘くとろける蟹味噌。そしてぷりぷりと輝くハリのある真っ白な蟹の身。旨みが凝縮、身がぎっしり。蟹ってこんなに濃厚で奥深い味わいだったかしらと感激する北海道の実力。北海道の大定番ともいえる毛蟹ですが、本当に美味しい毛蟹を滝乃家の心意気とともにぜひ味わってみてください。

次ページ《総料理長とシェフがいる会席料理の挑戦

Area