『刀剣乱舞』のキャラクターがお出迎え!? 京都・北野天満宮にて「宝刀展」が開催中

2016.02.19

rd_token_01
菅原道真公を先祖として篤く信仰した加賀藩前田家より奉納の太刀「師光」

 

「髭切」の別名を持つ「鬼切丸」など、重要文化財を含む約40振を一斉公開

平安時代の政治家・歌人である菅原道真公をお祀りする京都・北野天満宮では、3月下旬までの期間、「特別公開 学問の神・驚きの【宝刀展】」を開催しています。

所蔵する約80振の中から、「髭切」の別名を持つ「鬼切丸」、「恒次」、「助守」、「師光」、「国広」といった重要文化財5振を含む御神刀約40振を展示し、そのずらりと並んだ様はとても見ごたえがあります。さらに注目すべきは、刀身と鞘だけではなく、奉納者の記名や凝った装飾が施された木箱も添えられている点。歴史資料としても美術品としても、他ではなかなか見ることができない珍しい展示内容となっています。

 

次ページ《展示品の撮影も条件付きで解禁、「鬼切丸(髭切)」の焼印が入ったご朱印帳も限定販売

Area