“桜”特集vol.7 景観も楽しむ西日本桜の名所まとめ

2016.03.29

3月末からのお花見には西日本の桜の名所

この時期、少しずつ暖かくなってくると、そろそろ開花情報が気になってきます。自宅や勤務先の近場でご近所や職場仲間と桜の下でワイワイ過ごすのも良いですが、春休みのシーズンにお花見を兼ねて旅行に出かけて見るのもおすすめです。

rd850_lh_sakura_mitaki
三重県随一「三多気の桜」

奈良から伊勢に向かうお伊勢参りに使われた伊勢本街道から、「三多気の蔵王堂」と呼ばれる真福院の門前にいたる約1.5kmの参道は両側が桜並木になっています。

真福院を開山した理源大師によって植樹されたと伝わるヤマザクラの古木など、約500本の桜が水をたたえた棚田に映える、「日本さくら名所100選」にも選ばれている桜の名所です。

4月9日、10日には「三多気桜まつり」が開催される予定となっていて、真福院境内での餅つきや餅まき、夜桜広場での物産展などが開催されます。夜にはライトアップされて夜桜見物もできます。例年2万人程度の人出で賑わう、三重県内で最も人気のあるお花見スポットです。

「三多気桜まつり」
価格:駐車場協力金/500円(税込)

◼︎お問い合わせ
津市美杉総合支所地域振興課
http://www.tsukanko.jp/event/252/
電話:059-272-8082
画像©kakechan

次ページ《五重塔に映える東寺の不二桜

 

Area