旅行

美ヶ原温泉 旅館すぎもと:「プレミアム温泉」vol.32 石井宏子

2016.04.02

rd850_sugimoto_a_main

誰も考えなかった禁断のごちそう

宿のご主人・花岡さんが考える「おいしいもの」の哲学は、まず、何を飲んでこの料理を食べるか。日本酒であれ、ワインであれ、とにかくお酒を美味しく飲むために、一緒に食べるものを考える。そして、それは、おいしいだけじゃなくて、おもしろくなくちゃいけない。そう、食べて楽しい料理こそが、この天才的な発想の原動力になっているのです。

どれもこれもすごいのだけれど、あまりにも独創的で、生涯忘れられない“禁断”のごちそうがこの一皿、名物「信州特産・馬刺しのたたき~すぎもと流」です。誰も考えなかった組み合わせ「馬刺し」と「雲丹」。馬刺しの皿にウニが盛られているなんて、ちょっと不思議と思ったら、なんとこれは“薬味”。薄切りの上質な馬刺しで極上のウニを巻いて本わさびでいただくのです。この禁断の組み合わせは、どうしていいのかわからないほど美味。馬にも雲丹にも申し訳ない、などとつぶやきながらも、盃片手にどんどん箸がすすんでしまうのです。

次ページ《プロローグからフィナーレまで全てが見逃せない

 

Area