今宵は、一足早い郡上おどりの話。踊りを求めて愛知・稲沢へ:「今宵も盆悩まみれ」 vol.4 佐藤智彦

2016.04.22

rd850_20160422_aisho_event_4
いざ西へ!今年もまた、あの季節がやってきた

毎年この季節になると楽しみにしていることの一つが、郡上おどり同好会「愛翔(あいしょう)」のイベント「夏本番前におどりたい」。今年も開催との情報を得て、浮き足立ちつつ現地へ向かうことにした。

名古屋郊外、愛知県稲沢市を拠点とする郡上おどり同好会「愛翔」。数ある同好の会の中でも最大規模である愛翔は、おどり助平たちの間で「けいさん」と親しまれている大岡恵子さんが主宰する会で、郡上おどりのない季節でも踊りを楽しむことを目的に、2005年12月に設立。「猫舎゛楽子(ねこじゃらし)」という自らのお囃子を持ち、週1回の練習を続けているという。郡上おどりの発祥祭やおどり納めにも団体で参加し、彼らの正調の踊りは、はじめて参加される方にも手本となる。

さてこの日のイベントは、「川合お囃子クラブ」という、ベテランのお囃子を迎えての開催となる。メンバーの中には郡上おどり保存会に所属する方も!これは楽しみだ。

次ページ《顔なじみとの再会!生のお囃子に、助平たちが踊りだす