旅行

由布院温泉 玉の湯:「プレミアム温泉」vol.36 石井宏子

2016.04.30

rd850_tamanoyu_main_1

由布岳のミネラルたっぷりの水で育てたクレソン

玉の湯へ泊るとどうしてもクレソンが食べたくなります。それはもう条件反射みたいなものかもしれないのですが。それはまだ由布院の通りにお店もまばらだったころ、玉の湯の朝食が評判となり、ようやく予約が取れてこの宿に泊まりに来た時のことです。当時はステーキの横にそっと添えられるような存在だったクレソンを大量に鍋に投入する鴨鍋との衝撃の出会い。合鴨肉の甘みのある脂とシャッキシャキのクレソンの歯ごたえ。ほんのり上品な苦味がそれまでいただいたことのない美味しさで、忘れられない由布院の思い出となったのです。

由布院でクレソンを栽培しているのは江藤農園。玉の湯の総料理長からの依頼で由布院に自生するクレソンを集めて、ハウスに清流を引き込んで栽培をして、一年中収穫できるようになったそうです。寒さが厳しい盆地であること、ミネラルたっぷりの水かあること、そうした由布院の条件が苦味の少ないシャキッとした歯ごたえのクレソンを育みます。

次ページ《凛とした由布岳の風、穏やかに流れる時間

 

Area