扉温泉 明神館:「プレミアム温泉」vol.41 石井宏子

2016.06.18

rd850_-myoujinkan_main1

料理と温泉で楽しむ松本のテロワール

一皿目から何と楽しいアミューズが出てきました。土のような素材感の器に木の枝。地元池田町産のまこも茸をまるかじり。トリュフの風味と地産の卵で作ったオランディーヌソースの甘味と酸味。シャンパーニュの泡とともに、今宵の晩餐の幕開けです。    

全ての料理は松本の自然からインスピレーションするという田邉シェフはKUSHIマクロビオティック認定シェフ。オーガニック、マクロビを極めつつ、松本の土地に根付いた進化形ナチュレフレンチに行き着きました。菜食だから、有機だからというだけでなく「身土不二」の精神を追求していくと、いかに自然でいい素材であるかが大切、つまり肉もどのような環境でどのようなものを食べて、どのように育てられた肉かということが重要とおっしゃいます。素材と対話し、生産者の顔が見えるような長野の食材を世界へ伝えたいという熱い思いを感じます。

次ページ《自家農場直結のナチュレフレンチ

Area