岬が丸ごと宿! 海と空、そして南紀の美食「浜千鳥の湯 海舟」

2016.06.19

 

rd850_-028_01
コンセプトは「海に浮かぶ舟」。極上のオーシャンビュー

和歌山県・南紀白浜は関西圏では一二を争う人気の温泉地です。たくさんの温泉旅館がありますが、「浜千鳥の湯 海舟」はそのコンセプトで注目に値する宿です。海に突き出た岬が丸ごと宿になっており、海舟という名前のとおり、まるで海に浮かぶ舟に乗っているかのようなオーシャンビューを堪能できるのです。また白浜は「日本の夕陽百選」に選ばれるほど夕景の美しい場所。夕焼けに染まる海は一見の価値ありです。

rd850_-028_02
↑「見晴台 望陽亭」から望む美しい夕日。

 特にリピーターの多い海舟の「浜屋 離れ」は、最も海に近く、居室一つ一つがまるで別荘のような造り。2階建てのメゾネットタイプと和洋室の平屋タイプがあるのですが、どちらも太平洋の青い海原を目の前いっぱいに望むことができます。

rd850_-028_03 rd850_-028_04rd500_-028_05

平屋タイプでは、和の寝室と洋のリビングルーム、テラス、この部屋専用の露天風呂、どこにいても海が見えます。メゾネットタイプの玄関を開けると、吹き抜けになった開放感たっぷりの空間が広がります。このメゾネットタイプでも専用露天風呂があり、どこからでも海を見ることができるのです。

 特に強調したいのは、木材で構成された居室空間の美しさです。木の造りには人をほっとさせる力があります。大きな木の梁、屋根、ウッドテラス、そして木製の椅子とテーブル。居室で過ごす訪問者に安らぎを与えてくれる空間デザインが貫かれているのです。

rd850_-028_06

海舟では、人気の「浜屋 離れ」以外のタイプの居室でもオーシャンビューにこだわった造りとなっています。露天風呂付き和洋室の「波の抄」「暁の抄」、3室だけあるモダンアジアンテイストの「アジアン客室」、ダブルベッドを配した「ダブルルーム」といったタイプがありますが、どの部屋も海を眺めながら過ごすことができます。

次ページ《個性的なお風呂が5種 岬の先から海を見る露天風呂

Area