【大分県 湯布院町】由布院温泉 庄屋の館:「プレミアム温泉」vol.44 石井宏子

2016.07.23

rd850_-shouyanoyakata_main

誰しもがうっとり魅了されるブルーの温泉

目の覚めるような鮮やかなブルー。こんな色の温泉があるなんてまるで夢の世界のようです。大露天風呂は100人くらい入れそうな大きさ。ミルキーブルーのお湯へ一歩入ればさらにうっとり。乳液級のとろとろの感触に魅了されます。温泉に浸りながら奥へ奥へと進んでいくと目の前に現れる迫力の由布岳。絶景を眺めて広々とした湯船で手足を投げ出してお湯のぬくもりに身をゆだねていると、力強い温泉パワーでどんどん発汗してきます。泉質はナトリウム‐塩化物泉。温まってポカポカが持続する温泉です。さらにこのブルーの色の素になっている成分が“メタけい酸”。肌に水分を運びふっくらすべすべにしてくれる美肌のサポーターです。

rd500_-shouyanoyakata_sub1 rd500_-shouyanoyakata_sub2 rd500_-shouyanoyakata_sub3 rd850_-shouyanoyakata_sub4
轟々と生きている地球の音がする

露天風呂へ行く途中に自家源泉の櫓があり、空高く温泉の湯煙が立ち上ります。ごごっ。ごごごごっ。生きている地球のエネルギーを感じる温泉の音が響きます。この宿は一棟貸しスタイル。集落の住人になったような気分で“我が家”の気分で玄関を開けて部屋へ入ります。

この宿の醍醐味は温泉別荘を借りる感覚で気楽に過ごすこと。自宅のお風呂場の扉を開けると“ブルーの温泉”がかけ流されているなんていうのも信じられない光景なのです。大露天風呂へは集落を散歩する気分で出かけます。宿の水道からは、ミネラル豊富な天然水が出てくるし、パワフルな温泉に入って小腹が空いたら、温泉で茹でた「温泉卵」でタンパク質補給、由布岳の水と大地の恵みで元気になれます。

次ページ《豊後の海と山のごちそうを少しずつ